Rchr
J-GLOBAL ID:200901055867465160   Update date: Dec. 04, 2019

Kanazawa Shungo

カナザワ シュンゴ | Kanazawa Shungo
Affiliation and department:
Research field  (1): English linguistics
Research keywords  (5): 言語学 ,  英語学 ,  English Education ,  Linguistics ,  English Linguistics
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2016 - 2019 英語の事象修飾に見られる、形式と意味との対応関係とその規則性について
  • 2013 - 2016 英語における形容詞、名詞から構成される名詞句の修飾関係と、その意味拡張について
  • 2010 - 2011 英語における事象を修飾する形容詞の意味的特徴について
  • 2006 - 2007 英語における形容詞が関わる構文の意味的ネットワークについて
  • Studies of Construction Grammar and Lexical Semantics
Papers (32):
  • 金澤 俊吾. 英語におけるlive a/an Adj lifeとlead a/an Adj lifeに 見られる意味的違いについて. 英語コーパス研究. 2019. 26. 1-17
  • 金澤 俊吾. 英語の形容詞 hot に見られる 2種類の修飾可能性について. コーパスから分かる言語変化・変移と言語理論2. 2019
  • 金澤 俊吾. 英語の名詞句内に見られる省略について. 日本英文学会第90回大会Proceedings. 2018. 93-94
  • 金澤 俊吾. 形容詞の限定用法に見られる多様な修飾関係と修飾のメカニズムについて. 言語学の現在を知る26考. 2016. 45-56
  • 金澤 俊吾. 名詞句内の事象修飾に見られる意味的特徴について. コーパスからわかる言語変化・変異と言語理論. 2016. 78-93
more...
MISC (3):
  • KANAZAWA Shungo. Reviews of Florent Perek, Argument Structure in Usage-Based Construction Grammar. Studies in English Literature. 2019. 96. 148-155
  • KANAZAWA Shungo. Review: Telicity, Change, and State: A Cross-Categorial View of EventStructure By Violeta Demonte and Louise McNally, Oxford University Press, 2012, vii+368pp. English Linguistics. 2015. 32. 2. 371-384
  • 金澤 俊吾. 英文法研究--理論と事実の接点を求めて(22)転移修飾表現とその修飾関係の多様性について. 英語青年. 2008. 153. 10. 614-616
Lectures and oral presentations  (35):
  • 英語における名詞句の反復に見られる意味的特徴について
    (日本英語学会第36回大会シンポジウム「名詞句をめぐる拡張の諸相」 2018)
  • 英語の名詞句内に見られる省略について
    (日本英文学会第90回大会シンポジウム第十一部門「話し手・聞き手と言語表現-語用論と文法の接点-」 2018)
  • 英語の事象修飾に見られる、形容詞の意味的特徴と修飾のメカニズムについて
    (立命館大学学術講演会 2018)
  • コーパスから見えてくる英語表現の豊かさと規則性について-英語における名詞句を中心に-
    (東北学院大学公開講座 英語英文学研究所学術講演会 2017)
  • 英語における同族目的語構文の形成過程とその推移について-live a/an Adj lifeとlead a/an Adj lifeを中心に-
    (東北大学大学院情報科学研究科「言語変化・変異研究ユニット」主催第4回ワークショップ「コーパス・多人数質問調査からわかる言語変化・変異と現代言語理論」 2017)
more...
Education (5):
  • 1998 - 2001 Tohoku University
  • - 2001 Tohoku University
  • 1996 - 1998 Tohoku University
  • 1992 - 1996 Iwate University
  • - 1996 Iwate University
Professional career (2):
  • Master of Arts (Tohoku University)
  • Philosophy of Doctor (Tohoku University)
Work history (4):
  • 2011/04 - 現在 University of Kochi Faculty of Cultural Studies
  • 2010/04 - 2011/03 高知女子大学 文化学部 准教授
  • 2006/04 - 2010/03 Iwate Prefectural University, Miyako College The Department of Business Management and Information Science Associate Professor
  • 2001/04 - 2006/03 Iwate Prefectural University, Miyako College The Department of Business Management and Information Science
Committee career (4):
  • 2018 - 現在 英語語法文法学会 運営委員
  • 2018 - 現在 英語コーパス学会 理事
  • 2016 - 現在 英語語法文法学会 編集委員
  • 2012 - 2015 日本英語学会 大会運営委員
Association Membership(s) (12):
英語コーパス学会 ,  日本認知言語学会 ,  関西言語学会 ,  Linguistic Society of America ,  英語語法文法学会 ,  日本英文学会 ,  日本英語学会 ,  International Cognitive Linguistics Association ,  日本英文学会中国四国支部 ,  MODERN ENGLISH ASSOCIATION ,  THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN ,  THE PRAGMATICS SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page