Rchr
J-GLOBAL ID:200901055887260424   Update date: Nov. 10, 2020

Ajiki Kazuhiro

安食 和宏 | Ajiki Kazuhiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Geography
Research keywords  (2): 人文地理学 ,  Human Geography
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2017 - 2020 山村の社会経済の広域性・流動性に関する東西日本の比較研究
  • 2013 - 2016 経済不況期における東北地方山村の変貌に関する追跡調査と地域間比較研究
  • 2010 - 2014 A Study of "Regional Potential for Continuation" in Japan
  • 2001 - 2003 Ethnic Chivese Movement in the Local Cities of Southeast Asia
  • 1999 - 2000 精神文化の広域的活用方策検討に関する基礎調査
Show all
Papers (14):
  • 三重県山村における産業構造の変化と土地離れの進展についてー特に1990年代以降の変化に注目してー. 人文論叢. 2020. 37. 1-13
  • 東北日本における国有林野事業の変容と地域特性-1980年代以後を対象として-. 人文論叢. 2014. 31. 25-45
  • 国有林野事業の動向と地域特性について-1980年代以後の縮小段階にみられる特色. 人文論叢. 2010. 27. 1-21
  • 東紀州活性化大学の実験と実践-地域活性化の方法論についての一考察-. 人文論叢. 2005. 22号、219-232
  • フィリピン・レイテ島の農村集落からの人口移動について. 人文論叢. 2004. 21, 17-34
more...
MISC (24):
  • マレーシアとインドネシアにおける華人の居住分布について. 東南アジア地方都市華人の地域間移動に関する実証的研究. 2004. 118-129
  • 熊野古道世界遺産登録に向けての課題について. 「東紀州の文化・民俗学的研究」. 2003. 60-94
  • 全国的なまちづくりの動向と精神文化の活用事例. 精神文化の広域的活用方策検討に関する基礎調査報告書. 2000
  • 東紀州の「精神文化」的資源の認知について. 精神文化の広域的活用方策検討に関する基礎調査報告書. 2000
  • Socio-Economic Study on the Utilization of Mangrove Forests in Southeast Asia. Proceedings of an International Workshop : Asia-Pacific Cooperation on Research for Conservation of Mangroves. 2000. 129-138
more...
Books (10):
  • 朝倉世界地理学講座3.東南アジア
    朝倉書店 2009
  • 地域のシステムと都市のシステム
    古今書院 2007
  • 法則探検にでかけよう
    三重大学出版会 2007
  • 'Mangrove Management and Conservation'
    UNU Press 2004
  • 現代東南アジア入門
    古今書院 2003
more...
Works (21):
  • 東南アジア華人の地域間移動に関する研究
    2001 - 2004
  • 三重県における工業化社会・自然環境の研究
    2001 - 2003
  • マレーシア・インドネシアにおける華人生活に関する調査
    2002 -
  • 熊野地域における精神文化の活用方策に関する研究
    1999 - 2000
  • 中山間地域のまちづくりの方向と可能性
    1998 - 1999
more...
Education (3):
  • 1986 - 1991 Tohoku University
  • 1984 - 1986 Tohoku University Geography
  • 1980 - 1984 Tohoku University
Professional career (2):
  • Master of Science (Tohoku University)
  • 博士(理学) (東北大学)
Work history (3):
  • 2005 - 現在 Mie University
  • 1993 - 2005 Mie University
  • 1991 - 1993 Mie University
Committee career (3):
  • 2017 - 2020 東北地理学会 評議員
  • 2011 - 2014 東北地理学会 評議員
  • 2003 - 2005 東北地理学会 編集委員
Association Membership(s) (8):
アジア政経学会 ,  日本アフリカ学会 ,  東北森林科学会 ,  林業経済学会 ,  東北地理学会 ,  経済地理学会 ,  人文地理学会 ,  日本地理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page