Rchr
J-GLOBAL ID:200901056025720893   Update date: Feb. 03, 2021

Kono Kensuke

コウノ ケンスケ | Kono Kensuke
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Literature - Japanese
Research keywords  (7): 映像 ,  デジタルアーカイブ ,  ジャーナリズム ,  出版史 ,  読書 ,  media ,  Modern Japanese Literature
Papers (59):
  • 「文学国語」は「論理国語」を包摂する--新「学習指導要領」のリニューアル. 『国語の授業』. 2020. 272. 102-109
  • 紅野謙介. 「読む」ことをめぐる闘争--名和小太郎『著作権2.0』とテクストの複数性. 『思想』. 2019. 1147. 48-60
  • 紅野謙介. 『大菩薩峠』と岡千代彦の「自由活版所」-- 印刷工とアナキズムのネットワーク. 「昭和文学研究」. 2018. 76. 2-16
  • 紅野謙介. 「キノコ雲」と隔たりのある眼差し-- 戦後日本映画史における〈原爆〉の利用法. 「原爆文学研究」. 2016. 15. 101-111
  • 紅野謙介. 戦争の偏在/戦場の不在--『絢爛たる流離』のリダンダンシー. 「松本清張研究」. 2016. 17. 55-62
more...
MISC (10):
  • 紅野謙介, 大内裕和. 対談 逃走の教育から闘争の教育へ--大学入学共通テストと新学習指導要領から問う言葉をめぐる教育. 『現代思想』. 2020. 48. 6
  • 紅野謙介. 国語記述式試験導入を中止せよ. 『Voice』. 2019. 82-89
  • 紅野謙介, ロバート キャンベル. 対談「「広義の文学」の可能性を求めて」. 『中央公論』. 2019. 133. 12. 32-43
  • 紅野謙介, 小森陽一. 対談「国語教育崩壊は回避できるか?」. 『世界』. 2019. 924. 220-227
  • 紅野謙介. 教科書が読めない学者たち. 「文學界」. 2019. 73. 9. 34-37
more...
Books (44):
  • 『国語教育 混迷する改革』
    筑摩書房 2020
  • 坪井秀人編『戦後日本文化再考』
    三人社 2019
  • 『どうする?どうなる?これからの「国語」教育』
    幻戯書房 2019
  • 『どうする どうなる これからの「国語」教科書』
    幻戯書房 2019
  • 『国語教育の危機--大学入学共通テストと新学習指導要領』
    筑摩書房 2018 ISBN:9784480071712
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • 2年後の教室をイメージする--プレテストNo.2から新指導要領へ
    (日本大学国文学会第17回研究集会 2019)
  • 中里介山『大菩薩峠』の語りと文体--小説へのディスタンス
    (日本近代文学会秋季大会 2018)
  • 俳句のコミュニケーション--加藤楸邨と大岡信
    (Fifth annual Transpacific Workshop 2018)
  • 『大菩薩峠』の戦後--京大人文研と受容の軌跡
    (国際日本文化研究センター:共同研究「戦後文化再考」プロジェクト会議 2015)
  • 1960 年前後の松本清張--文学と映画のあいだ--
    (松本清張研究会 2015)
more...
Education (2):
  • 1983 - 1986 Waseda University 日本文学
  • 1974 - 1978 Waseda University 日本文学
Professional career (2):
  • 文学修士 (早稲田大学)
  • Master of Literature (Waseda University)
Work history (4):
  • 1997/04 - Nihon University College of Humanities and Sciences, Proffesor
  • 1992/04 - 1997/03 Nihon University College of Humanities and Sciences, Associate Proffesor
  • 1987/04 - 1992/03 Nihon University College of Humanities and Sciences, Lecturer
  • 1981/04 - 1987/03 Azabu High School,Teacher
Committee career (6):
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 日本近代文学会 理事
  • 2011/01/01 - 2013/12/31 日本近代文学会 理事
  • 2006 - 2007 昭和文学会 常任幹事
  • 2005/04/01 - 公益財団法人日本近代文学館 理事
  • 1992 - 日本近代文学会 評議員
Show all
Awards (1):
  • 2010/02 - やまなし文学賞(評論研究部門)
Association Membership(s) (4):
日本近代文学会 ,  昭和文学会 ,  日本文学協会 ,  公益財団法人日本近代文学館
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page