Rchr
J-GLOBAL ID:200901057542090901   Update date: Apr. 28, 2020

Ozaki Yasuo

オザキ ヤスオ | Ozaki Yasuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (6): Landscape science ,  Environmental agriculture ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology ,  Environmental effects of chemicals ,  Environmental effects of radiation
Research keywords  (10): 資源循環 ,  環境保全 ,  植生浄化 ,  水質浄化 ,  生態工学 ,  Recycling ,  Environmental conservation ,  Plant System for wastewater treatment ,  Water puritication ,  Ecological Engineering
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2004 - アレロパシー物質を用いたアオコ等有害藻類の増殖抑制技術の開発
  • 1993 - 2000 有用植物を用いた生活排水等の資源循環型浄化システムの開発
  • 生態工学を活用した八郎湖の水質改善・環境修復に関する研究
  • 水田・湿地等を活用した農山村地域の環境修復技術の開発
  • Resource-recycling system for domestic wastewater treatment using biogeofilter ditches
MISC (5):
Patents (2):
  • 肥料成分・環境汚染物質等の溶脱量高精度簡易計測装置
  • 有用植物を用いた水質浄化方法及びその装置
Books (9):
  • 環境保全型農業大事典1 施肥と土壌管理(共著)
    農文協 2005
  • 畜産環境対策大事典 第2版(共著)
    農文協 2004
  • 水ハンドブック
    丸善 2003
  • 農業におけるライフサイクルアセスメント
    農業環境研究叢書第12号 2000
  • 新しい水環境の創出(共著)
    農山漁村文化協会 2000
more...
Education (1):
  • - 1972 Osaka Prefecture University
Professional career (1):
  • Doctor(Engineering) (Osaka University)
Work history (9):
  • 2008/04 - - 秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科長
  • 2002/04 - - 秋田県立大学 生物資源科学部 生物環境科学科
  • 1988 - 2002 農水省 農業研究センター 土壌肥料部 水質保全研究室
  • 1984 - 1988 農水省 農業環境技術研究所 資源・生態管理科
  • 1972 - 1984 Osaka University School of Engineering
Show all
Committee career (21):
  • 1998/03 - 現在 ・生態系活用型処理施設検討委員会委員,農林水産省、日本集落排水協 会(1998年3月~現在)
  • 2007/08 - ・環境省中央環境審議会水環境部会陸域環境基準専門委員会委員(2007年 8月~)
  • 2007/06 - ・秋田食育推進協議会委員長(東北農政局秋田農政事務所,2007年6月~)
  • 2007/04 - ・「再生と利用」編集員会委員(日本下水道協会,2007年4月~)
  • 2005/09 - ・秋田市し尿くみ取り料金基準額検討委員会委員(秋田市,2005年9月~)
Show all
Association Membership(s) (6):
日本水処湿生物学会 ,  International Association on Water Quality ,  農業土木学会 ,  環境科学会 ,  日本土壌肥料学会 ,  日本水環境学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page