Rchr
J-GLOBAL ID:200901058019528169   Update date: Nov. 30, 2004

Kushida Hisaharu

クシダ ヒサハル | Kushida Hisaharu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www1.odn.ne.jp/kushida
Research field  (2): Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist ,  Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist
Research keywords  (2): 中国哲学・中国社会思想史・中国政治思想史・中国文化史 ,  Chinese Philosophy
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2005 - 2007 天変地異の社会学-日本・中国・朝鮮・インドネシアの天変地異と「予言」
  • 2005 - 2007 Research on Social Phenomenon based on Natural Disasters in Janan,China, Korea, and Indonesia
  • 2002 - 21世紀の企業文化と家族主義の研究--伝統的価値観の再評価と文明観の対話実現にむけて
  • 2001 - 自然災害の社会思想史的研究--地震・山崩れ・旱魃・水害の「予言」と災異説
  • 2000 - 中国人の批判精神に関する日・中・韓共同研究
Show all
MISC (65):
  • “灾异说”与今日世界(中文). 『学思』(北京師範大学). 2005. 総第12期
  • Does the “Zai-yi Theory” Make Sense in Today’s World?. Xuesi Philosophy. 2005. No.12
  • 「天の美禄」を止めますか?--陶淵明の禁酒宣言. 『月刊 酒文化研究』. 2004. 冬期特別号 第14巻第11号(通巻159号)
  • 儒教的「思考のためのモデル」試論. 『国際文化論集』. 2004. 第31号
  • What Lessons Can We learn from the Confucian Legacy again?. Intercultural Studies, St. Andrew's University. 2004. No.31
more...
Books (17):
  • ゆっくり楽に生きる 漢詩の知恵
    学研 2004
  • The Wisdom of the Chinese Old Poetry
    Gakken 2004
  • 儒教の知恵--矛盾の中に生きる
    中公新書(中央公論新社) 2003
  • The Confucian Ethic--How We Learn from History
    Chuokoron-shinsya, CHUKO-SHINSHO NO.1685 2003
  • 儒教と予言
    加地伸行編『儒教の本』(学研) 2001
more...
Works (2):
  • 天変地異の社会学-日本・中国・朝鮮・インドネシアの天変地異と「予言」
    2005 - 2007
  • 中国人日本語学習者のための教材開発・留学生相談室及びティーチングフェロー事業
    1992 - 1997
Education (4):
  • - 1979 Osaka University
  • - 1979 Osaka University
  • - 1976 Ehime University
  • - 1976 Ehime University
Professional career (2):
  • M.A. (Osaka University)
  • Ph.D (Osaka University)
Work history (10):
  • 2004 - 現在 :桃山学院大学文学部・同大学院文学研究科教授
  • 2000 - 2004 :大阪府立大学総合科学部・同大学院人間文化学研究科教授
  • 1994 - 2000 :愛媛大学法文学部・同大学院法文学研究科教授
  • 1983 - 1998 :松山大学非常勤講師
  • - 1996/09 1996.3.-1996.9.:オクスフォード大学在外研究
Show all
Committee career (1):
  • 2000 - 日本道教学会 評議員
Association Membership(s) (3):
日本道教学会 ,  東方学会 ,  日本中国学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page