Rchr
J-GLOBAL ID:200901061256890230   Update date: May. 07, 2020

Kurabayashi Yuzuru

クラバヤシ ユズル | Kurabayashi Yuzuru
Affiliation and department:
Job title: Visiting Professor (Beizing Medical University),Visiting Professor (Xian Medical University),Adviser Professor (Shanghai Traditional University)
Research field  (6): Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Animal production science ,  Animal production science ,  Laboratory animal science
Research keywords  (6): 応用動物科学 ,  応用獣医学 ,  実験動物学 ,  Practical Animal Science ,  Practical Veterinary Medicine ,  Laboratory animal science
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2005 - 高圧環境下における血液ガスに与える影響
  • 2005 - Influence given to blood gas under high-pressure environment
  • 1980 - 実験動物の環境に関する研究
  • 1980 - Studies on Environment in Laboratory animals
  • 1973 - 東洋医学に関する研究
Show all
MISC (240):
  • 倉林 譲:マウス実験、無用な殺生防止、専用麻酔装置を開発. 山陽新聞. 2003. 34
  • 倉林 譲:小実験動物用吸入麻酔装置の開発に関する研究. 平成14年度特別(重点配分)研究成果報告書(公募分). 2003. 1
  • 松浦浩一、倉林 譲:肝疾患のハリ治療. 東洋医学会連絡協議会. 2003. 1
  • 三宅真名、山下光治、中山英治、倉林 譲:弱酸性低濃度次亜塩素酸水の噴霧による種卵除菌に適した用量、用法の検討. 平成14年度オンリーワン企業育成支援事業補助金補助事業実績報告書. 2003. 1-5
  • 増田 礎、橋本晴夫、倉林 譲:弱酸性次亜塩素酸水を用いた養鶏種卵の除菌技術の開発. 平成14年度オンリーワン企業育成支援事業補助金補助事業実績報告書. 2003. 15-18
more...
Patents (2):
  • 自動薬物管理システム(コード番号:99-04-009-02)
  • Automatic Drug Administration System
Books (46):
  • 倉林 譲:実験動物の麻酔
    2002
  • 倉林 譲:小実験動物用吸入麻酔装置の製品化に関する研究 平成14年度異聞特別配分(重点配分)
    2002
  • 倉林 譲:小実験動物用吸入麻酔装置の開発に関する研究
    中国新聞(6月7日) 2002
  • 倉林譲:生活ならびに作業環境のwell-beingに関する研究、 特にアンモニア脱臭効果試験について地域研究開発促進拠点支援事業 可能性試験成果報告書
    2002
  • 倉林 譲:小実験動物用吸入麻酔装置の開発に関するスターオフィス・ファイルサービス
    2002
more...
Works (24):
  • 小実験動物用吸入麻酔装置の開発に関する研究
    2002 -
  • Studies on Development of Inhalation Anesthetic Apparatus for Small Laboratory Animal
    2002 -
  • なんとウェストやヒップの下半身やせが耳のツボ刺激で簡単にできることがわかった.
    2001 -
  • How! I can simplicity understood diet in the lower of the body. (e. g. waist and hip)by Auriculo electro acupuncture
    2001 -
  • 耳のツボを刺激したら114人の大半がやせ、中には27.5kgやせた人かいる
    2000 -
more...
Education (4):
  • - 1968 Nihon University
  • - 1968 Nihon University Veterinary Medicine
  • - 1963 Nihon University
  • - 1963 Nihon University Veterinary Medicine
Professional career (2):
  • (BLANK) (Okayama University)
  • (BLANK) (Nihon University)
Work history (9):
  • 1981 - - 岡山大学医学部助教授
  • 1981 - - Same Place of Work, Associate Professor
  • 1973 - 1980 Okayama University Medical School
  • 1973 - 1980 Okayama University Medical School, Assistant
  • 1968 - 1973 日本大学農獣医学部専任講師
Show all
Committee career (9):
  • 2004 - 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 評議員
  • 2004 - 日本実験動物学会 理事、総会大会長(2006)
  • 2001 - 九州実験動物研究会 評議員
  • 2000 - 岡山実験動物研究会 会長
  • 1989 - 1999 日本東洋医学会中四国支部 理事
Show all
Awards (1):
  • 1965 - ロバートF.ケネディー奨学資金
Association Membership(s) (15):
日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 ,  日本実験動物環境研究会 ,  関西実験動物研究会 ,  九州実験動物研究会 ,  岡山実験動物研究会 ,  日本疾患モデル学会 ,  岡山医学会 ,  日本肥満学会 ,  日本麻酔学会 ,  全日本鍼灸学会 ,  東京獣医畜産学会 ,  日本霊長類学会 ,  日本東洋医学会中四国支部 ,  日本獣医学会 ,  日本実験動物学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page