Rchr
J-GLOBAL ID:200901063253463856   Update date: May. 30, 2022

Yoshiharu Kawano

カワノ ヨシハル | Yoshiharu Kawano
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): History - Asia/Africa ,  History - General
Research keywords  (5): マルク ,  インドネシア ,  歴史学・歴史 ,  History of Indonesia Policy ,  History of Indonesian Political thought
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • Political history of Ambon in 20th century
  • Political thought of M.Hatta
  • マルク地域の近代の歴史
Papers (9):
  • 河野 佳春. 2017年のマルク・アンボン情勢に関する覚書. 弓削商船高等専門学校紀要. 2018. 40. 68-74
  • 河野 佳春. マルク主権同盟についての覚書. 弓削商船高等専門学校紀要. 2017. 39. 89-95
  • 河野佳春. 2015年のアンボン情勢-ブル島ボタッ金山問題を中心に-. 弓削商船高等専門学校紀要. 2016. 38. 91-96
  • 河野 佳春. 2014年のアンボン情勢について -紛争・和解と地域伝統-. 弓削商船高等専門学校紀要. 2015. 第 37 号. 93
  • 河野 佳春. アンボン2011年9月11日暴動に関する覚書. 弓削商船高等専門学校紀要. 2013. 35. 91
more...
MISC (5):
  • Yoshiharu Kawano. Japanese translation of Georg Everhard Rumphius` historical document about the earthquake at 1674 Ambon. 2022. 44. 78-85
  • 河野 佳春. 最近のアンボン情勢についての覚書. 弓削商船高等専門学校紀要. 2007. 29. 137
  • 河野 佳春. 「テロとの戦い」とインドネシア. 弓削商船高等専門学校紀要. 2006. 28. 41
  • Political situation of Ambon in 1920's. 2000
  • Autonomy of the village and "National-Indische Partij" in Ambon. SHIGAKU-KENKY(]E87B9[)(Review of Historical STUDIES). 1999. 225. 46
Books (1):
  • M. Hatta and co-operatiue society
    Region and Society in Asia 1994
Lectures and oral presentations  (8):
  • マルク紛争とその和解に関する人文社会科学的総合研究
    (京都大学 東南アジア地域研究研究所 IPCR平成29年度 年次成果報告会 2018)
  • マルク紛争とその和解に関する人文社会科学的総合研究
    (京都大学 東南アジア地域研究研究所 IPCR平成28年度 年次成果報告会 2017)
  • マルク紛争への「アンボン人」の対応について--南マルク共和国旗掲揚運動とペラ再編運動を軸に
    (東南アジア学会2016年度第3回関東例会 2016)
  • 1999年以後インドネシア・アンボン地域紛争の拡大終息過程における エスニシティ(民族性)の役割について
    (東南アジア学会第88回研究大会 2012)
  • 20世紀前半におけるアンボン村落社会の変容-資源管理慣行『サシ』を中心に
    (東南アジア学会第78回研究大会 2007)
more...
Education (4):
  • - 1990 Hiroshima University
  • - 1990 Hiroshima University
  • - 1986 Hiroshima University
  • - 1986 Hiroshima University
Professional career (1):
  • master of letter (Hiroshima University)
Work history (2):
  • 1990 - National Institute of Technology, Yuge College
  • 現在准教授
Association Membership(s) (1):
東南アジア学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page