Rchr
J-GLOBAL ID:200901066162518649   Update date: Aug. 31, 2020

Nishigaki Kazuhiko

ニシガキ カズヒコ | Nishigaki Kazuhiko
Affiliation and department:
Other affiliations (1):
  • 医学系研究科  准教授
Research field  (2): Cardiology ,  Cardiology
Research keywords  (31): 虚血性心疾患 ,  Talium心筋シンチ ,  G-CSF ,  sFas遺伝子治療 ,  左室拡大 ,  予後 ,  血中sFas ,  CD34 ,  K-ATPチャネルオープナー ,  腎保護作用 ,  冠血流 ,  微小血管の増殖 ,  ネクローシス ,  狭心症 ,  sFasの腹腔内投与 ,  好中球 ,  UM-X7.1ハムスター ,  無作為比較試験 ,  再生医療 ,  冠動脈形成術 ,  遺伝子治療 ,  心筋シンチ ,  主要心腎血管イベント ,  血漿可溶性Fas ,  腎虚血傷害 ,  左室線維化 ,  造影剤腎症 ,  血漿sFas ,  動脈硬化ウサギモデル ,  心不全 ,  アポトーシス
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2015 - 2018 KATPチャネル・オープナーNicorandilによる新規心腎連関抑制療法の確立
  • 2015 - 2018 KATPチャネル・オープナーNicorandilによる新規心腎連関抑制療法の確立
  • 2015 - 2017 KATPチャネル・オープナーNicorandilによる新規心腎連関抑制療法の確立
  • 2012 - 2015 ニコランジルを用いた慢性腎臓病合併冠動脈疾患患者に対する総合的治療法の開発
  • 2012 - 2014 ニコランジルを用いた慢性腎臓病合併冠動脈疾患患者に対する総合的治療法の開発
Show all
Papers (42):
more...
MISC (102):
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 第53回日本心臓病学会学術集会
    (2005)
  • 第69回日本循環器学会総会学術集会
    (2005)
  • 心不全の最近の治療について
    (恵那医師会 2005)
  • 第8回日本心臓病学会学術集会
    (2004)
  • 第68回日本循環器学会総会学術集会
    (2004)
more...
Education (1):
  • 1980 - 1986 Gifu University
Professional career (1):
  • 医学博士 (岐阜大学)
Work history (7):
  • 2015 - Gifu University
  • 2003/04/01 - Gifu University University Hospital, Center for Medical Welfare Support
  • 1988/09/01 - 1990/08/31 米国ノースカロライナ大学チャペルヒル校大学院
  • 1988/04/01 - 1988/08/31 国立療養所豊橋東病院(レジデント)
  • 1987/04/01 - 1988/03/31 Asahi University School of Dentistry
Show all
Awards (5):
  • 2005/01/01 - 日本循環器学会第1回Circulation Journal Award, for volume 68 2004
  • 1998/10/24 - 外山基金による国際交流助成賞
  • 1998/10/17 - 第2回日本心不全学会 YOUNG INVESTIGATOR'S AWARD (YIA) 最優秀賞
  • 1997/04/01 - 日本循環器学会 第14回 YOUNG INVESTIGATOR'S AWARD(YIA) 優秀賞
  • 1996/04/07 - 平成7年度岐阜県内科医会奨励賞
Association Membership(s) (8):
American Heart Association ,  日本医師会 ,  日本心臓ペーシング・電気生理学会 ,  日本心不全学会 ,  日本心血管カテーテル治療学会 ,  日本心臓病学会 ,  日本循環器学会 ,  日本内科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page