Rchr
J-GLOBAL ID:200901067286194538   Update date: Oct. 16, 2018

Fujita Yasuyuki

フジタ ヤスユキ | Fujita Yasuyuki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (9): 『字血句涙 回天之弦声』 ,  カール・フローレンツ ,  言文一致文 ,  森鴎外 ,  明治期文語文 ,  複合辞 ,  話法 ,  引用 ,  Japanese Language Japanese Literature Linguistics and Phonetics
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2012 - 2015 日本語の多様な表現性を支える複合辞などの「形式語」に関する総合研究
  • 2002 - 2005 論理的な日本語表現を支える複合辞形式に関する記述的総合研究
  • Study of the reception of German language and cultre in the Meiji period
  • Study on the Quotation-structure in Japanese
  • 日本におけるドイツ言語文化受容に関する書誌的総合研究
Papers (172):
  • 藤田 保幸. 経緯を表す「~というので」という言い方について. 『形式語研究の現在』. 2018
  • 藤田 保幸. カール・フローレンツ『日本文学史』の「中世」理解. 『言語文化の中世』. 2018
  • 藤田 保幸. 「名詞慣用句」について. 龍谷大学グローバル教育推進センター研究年報. 2018. 27
  • 藤田 保幸. 「形式名詞」再考-佐久間鼎「吸着語」の再検討を通して-. 龍谷大学論集. 2018. 491. 1-37
  • 藤田 保幸. 複合辞「~に伴って」の意味・用法. 國文學論叢. 2018. 63
more...
MISC (77):
  • 藤田 保幸. 関西弁の常套句. 『関西弁事典』. 2018. 182-186
  • 藤田 保幸. 話法. 『日本語大事典(下)』. 2014. 2185-2186
  • 藤田 保幸. 引用. 『日本語大事典(上)』. 2014. 133-134
  • 藤田 保幸. 慣用句. 『日本語大事典(上)』. 2014. 464-465
  • 藤田 保幸. 複合動詞. 『日本語大事典(下)』. 2014. 1730-1731
more...
Books (24):
  • 形式語研究の現在
    2018
  • 言語文化の中世
    和泉書院 2018
  • 中世国語資料集
    思文閣出版 2017
  • 日本語の多様な表現性を支える複合辞などの「形式語」に関する総合研究 研究成果報告書
    2017
  • 形式語研究論集
    和泉書院 2013
more...
Lectures and oral presentations  (38):
  • 引用されたコトバの表意性の換喩的拡張
    (中部日本・日本語学研究会(第80回) 2018)
  • 森鷗外初期翻訳言語の諸相
    (明治大学国際日本学研究科・招聘講義 2017)
  • 複合辞「~に伴って」をめぐって
    (表現学会・東京例会(第142回) 2017)
  • 複合辞であることを支える共時的条件
    (形式語研究会(第13回) 2017)
  • 複合辞「~に至っては」について
    (国語語彙史研究会(第114回) 2016)
more...
Works (8):
  • 晴れた空と粟津の湖風(『しばのいほり』第45号)
    藤田 保幸 2018 -
  • 三井寺の夕べの鐘を聴く(『しばのいほり』第44号)
    藤田 保幸 2017 -
  • 堅田にて雁が飛ぶのを見送る(『しばのいほり』第43号)
    藤田 保幸 2016 -
  • 比良山の夜の雪を見る(『しばのいほり』第42号)
    藤田 保幸 2015 -
  • 唐崎にて夜の雨が降るのを聴く(『しばのいほり』第41号)
    藤田 保幸 2014 -
more...
Education (3):
  • 1981 - 1986 大阪大学大学院 国文学専攻
  • - 1986 Osaka University
  • 1977 - 1981 Osaka University
Professional career (2):
  • 文学修士 (大阪大学)
  • 博士(文学) (大阪大学)
Work history (9):
  • 2007 - 現在 Ryukoku University Faculty of Letters
  • 2000 - 2007 Shiga University Faculty of Education
  • 1995 - 2000 Shiga University, Assistant Professor
  • 1995 - 2000 Shiga University Faculty of Education
  • 2000 - - Shiga University, Professor
Show all
Committee career (1):
  • 1999 - 現在 表現学会 理事
Awards (1):
  • 2001 - 第29回金田一京助博士記念賞
Association Membership(s) (5):
日本独学史学会 ,  鈴屋学会 ,  KAISHAKU GAKKAI ,  THE SOCIETY FOR JAPANESE LINGUISTICS ,  表現学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page