Rchr
J-GLOBAL ID:200901067821201549   Update date: Nov. 04, 2020

Katoh Atsushi

カトウ アツシ | Katoh Atsushi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (1): communication intimacy youth modernity
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2010 - 2013 流動化社会における若者たちのコミュニケーションの変容に関する実証研究-対人関係や自己意識にみる「適応戦略」-
  • 2001 - 2004 都市的ライフスタイルの浸透と青年文化の変容に関する社会学的分析
Papers (12):
  • Atsushi KATOH. The Notion of "Friend" in Social Research. The Annuals of Sociology. 2010. 51. 123-134
  • KATOH, Atsushi. Towards Discourse Analyses of Relationships. Bulletin of the College of Humanities, Ibaraki University. 2008. 5. 13-20
  • Atsushi KATOH. Reconsidering the Concept of "Intimacy". Bulletin of the College of Humanities, Ibaraki University. 2007. 2. 41-48
  • KATOH, Atsushi. The Narrative of "Adult Children". Studies in Communication : Bulletin of the Faculty of Humanities. 1998. 4. 165-180
  • KATOH, Atsushi. "Intimacy"as a Form of Personal Communications. Studies in Communication : Bulletin of the Faculty of Humanities. 1997. 創刊. 233-241
more...
Books (6):
  • 流動化社会における都市青年文化の経時的実証研究 -世代間/世代内比較分析を通じて-(2011年度~2013年度 文部科学省科学研究費補助金(基盤研究【A】)研究成果報告書)
    上智大学総合人間科学部社会学科 2015
  • Sociology of Being Connected and Not Being Connected
    弘文堂 2014
  • Introduction to sociology: How to become a better thinker
    Chukei Publishing Company 2010 ISBN:9784806134886
  • 都市的ライフスタイルの浸透と青年文化の変容に関する社会学的分析(平成13・14・15年度科学研究費補助金(基盤研究(A)(1))研究成果報告書)
    (科学研究費補助金研究成果報告書) 2004
  • 図解 社会学のことが面白いほどわかる本
    中経出版 2002 ISBN:4806116319
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 「ネットワーク」の意味を問い直す:「若者の友人関係」を手がかりに
    (第38回早稲田社会学会研究例会「社会学におけるソーシャル・キャピタル/ソーシャル・ネットワーク概念の再検討」 2016)
  • 若者の友人関係とコミュニケーション(1) 調査の概要、および大学生にとって「親友」と「友だち」とは
    (第73回日本社会学会大会 2000)
  • 社会学における「親密性(intimacy)」概念
    (関東社会学会研究例会「身体と社会のインタラクション」 1996)
  • On the Concept of "Intimacy"
    (the 68th Congress of the Japan Sociological Society 1995)
  • On Description of Micro Social Relationships
    (the 67th Congress of the Japan Sociological Society 1994)
more...
Education (2):
  • 1990 - 1996 Waseda University 社会学専攻
  • 1990 - 1996 Waseda University 社会学専攻
Professional career (2):
  • Master (Waseda University)
  • 文学修士 (早稲田大学)
Work history (7):
  • 2017/04/01 - 茨城大学人文社会科学部教授
  • 2011/01/01 - 2017/03/31 茨城大学人文学部教授
  • 2007/04/01 - 2010/12/31 茨城大学人文学部准教授
  • 1999/04/01 - 2007/03/31 茨城大学人文学部助教授
  • 1996/04/01 - 1999/03/31 茨城大学人文学部講師
Show all
Committee career (4):
  • 2018/12 - 2019/08 関東社会学会 専門審査委員
  • 2011/07 - 2014/07 早稲田社会学会 編集委員会委員
  • 2012 - 2013 関東社会学会 専門審査委員
  • 2008/11 - 2008/11 関東社会学会 専門審査委員
Association Membership(s) (3):
早稲田社会学会 ,  The Japan Sociological Society ,  The Kantoh Sociological Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page