Rchr
J-GLOBAL ID:200901069168728407   Update date: Oct. 12, 2020

Suenaga Yoshihiro

スエナガ ヨシヒロ | Suenaga Yoshihiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Civil engineering (environmental systems) ,  Environmental materials/recycling technology ,  Environmental load reduction/restoration technology
Research keywords  (4): 水圏環境工学 ,  水産工学 ,  海洋工学 ,  Ocean Engineering Fisheries Engineering Aquatic Environmental Engineering
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2011 - 魚類廃棄物の有効利用による水圏環境改善技術の開発
  • 2011 - The Improvement Techniques for the Aquatic Environment Using the Wasted Fishery Products
  • 2003 - 産業副産物の有効利用による海域環境改善技術の開発
  • 2003 - The Improvement Techniques for the Marine Environment Using the Industry By-Products
  • 2001 - 数値モデルによる物質の輸送機構に関する研究
Show all
Papers (124):
MISC (16):
more...
Patents (13):
  • 藻場礁
  • 魚骨由来のヒドロキシアパタイト
  • 浮体動揺抑制装置および生簀
  • 機能性多孔質体
  • Artificial Reef
more...
Books (6):
  • 調査月報No.335 自然エネルギー(潮流)を制御する人工魚礁の開発と漁場造成
    一般財団法人百十四銀行経済研究所 2015
  • 閉鎖生態系・生態工学ハンドブック
    丸善出版株式会社 2015 ISBN:9784904419571
  • 学術の動向・浅海における物質の輸送機構解明と防災と活用
    日本学術協力財団 2008
  • Trends in the Sciences・The elucidation of the mass transport mechanisms in shallow waters and their utilization for disaster prevention.
    Japan Science Support Foundation 2008
  • 漁場造成技術
    漁場造成技術研究会 2004
more...
Lectures and oral presentations  (39):
  • Study on Environmental Improvement and Fish Aggregation Function of Artificial Reef Actual Marine Area
    (Pacific Congress on Marine Science and Technology 2017 2017)
  • Study on Environmental Improvement and Fish Aggregation Function of Artificial Reef Actual Marine Area
    (Pacific Congress on Marine Science and Technology 2017 2017)
  • 人工魚礁の環境改善機能に関する効果検証
    (平成28年度日本水産工学会学術講演会 2016)
  • 実海域における人工魚礁の流動制御機能の評価
    (土木学会四国支部技術研究発表会 2016)
  • 実海域における人工魚礁の環境改善機能に関する定量的評価
    (土木学会第41回海洋開発シンポジウム 2016)
more...
Works (40):
  • アサリ資源回復に向けた取組に関する研究
    2017 -
  • 攪拌ブロック, 大阪府, 岸和田市
    2017 -
  • 攪拌ブロック, 大阪府, 岸和田市
    2017 -
  • 石炭灰造粒物の環境浄化材への適用に関する研究
    2016 -
  • 着脱基質用プラットホーム, 岩手県, 宮古市
    2016 -
more...
Education (5):
  • 1993 - 1996 The University of Tokyo
  • 1990 - 1993 日本大学大学院 海洋建築工学専攻
  • 1989 - 1990 Nihon University Oceanic Architectural Engineering
  • 1987 - 1989 日本大学大学院 海洋建築工学専攻
  • - 1987 Nihon University Department of Oceanic Architecture and Engineering
Professional career (1):
  • 1989 Master of Engineering 1993 Doctor of Engineering (Graduate School of Science and Technology, Nihon University)
Committee career (18):
  • 2019/04 - 現在 環境省 中央環境審議会水環境部会瀬戸内海環境保全小委員会 委員
  • 2019/04 - 現在 日本沿岸域学会 理事
  • 2019/03 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 イノベーション創出強化研究推進事業 評議員
  • 2017/04 - 現在 日本水産工学会 評議員
  • 2016/04 - 現在 国土交通省 四国地方整備局入札監視委員会 委員
Show all
Awards (16):
  • 2019/04 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)
  • 2017/04 - 文部科学省 科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(開発部門)
  • 2015/03 - J.Soc. Water Environment Certificate of Appreciation
  • 2014/08 - PACON International Ocean Service Award
  • 2014/06 - 徳島大学大学院ソシオテクノサイエンス研究部 第14回エンジニアリングフェスティバル優秀賞
Show all
Association Membership(s) (16):
水産海洋学会 ,  生態工学会 ,  日本沿岸域学会 ,  日本水産工学会 ,  日本建築学会 ,  土木学会 ,  PACON International ,  The Research Council of Techniques for the Artificial Reef ,  Society of Fisheries Oceanography ,  The Society of Eco-Engineering ,  The Research Council of Techniques for the Creation of Fishery Grounds ,  Japan Society of Coastal Area ,  Society of Aquatic Environmental Engineering ,  Japan Society of Fisheries Engineering ,  Architectural Institute of Japan ,  Japan Society of Civil Engineering
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page