Rchr
J-GLOBAL ID:200901069454639497   Update date: Jan. 17, 2020

Shimizu Kazuaki

シミズ カズアキ | Shimizu Kazuaki
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~shimizu/http://www2.itc.kansai-u.ac.jp/~shimizu/
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 1998 - 1999 Kansai University Special Research Fund
Papers (73):
  • 清水 和秋. 因子分析的研究におけるmisuse とartifact. 関西大学社会学部紀要. 2018. 49(2), 191-211
  • Lee, S-M, Terada, M, Shimizu, K, Lee, M-H. Comparative Analysis of Work Values Across Four Nations. Journal of Employment Counseling. 2017. 54, 132-144
  • 清水 和秋, 山本 理恵. YG性格検査の因子の構造-多集団同時分析による3次元構造の確認-. 関西大学社会学部紀要. 2017. 第48巻第2号 Pp1-25
  • 清水 和秋, 山本 理恵. YG性格検査の12尺度の内部構造-カテゴリー因子分析のBifactor Geomin回転-. 関西大学社会学部紀要. 2017. 49(1), 1-31
  • 寺田 盛紀, イー サンミン, 石嶺 ちづる, 清水 和秋. 大学生の職業的資質形成に関する国際比較研究-日本・アメリカ・韓国・ドイツの4大生と短大・職大生の比較-. 生涯学習・キャリア教育研究. 2015. 11, 33-45
more...
MISC (16):
  • 清水 和秋. キャリア発達の効果測定-メカニズムの解明にむけて- 大会実行委員会企画シンポジウム「キャリア発達の研究と支援のあり方を探る」-. 2007
  • 清水 和秋, 花井洋子, 山本理恵. キャリア不決断尺度の開発-大学生を対象とした探索的因子分析-. 日本キャリア教育学会第28回研究大会発表論文集. 2006. 92-93
  • 清水 和秋, 山本理恵. Big Five(形容詞短縮版)の安定性-半年間隔での2回の縦断調査からのモデル化-. 日本心理学会第70回大会発表論文集. 2006. 50
  • 清水 和秋, 山本理恵. 構成概念間の関係性のモデル化-Big Five・不安(STAI)・気分(POMS)を例として-. 日本教育心理学会第48回総会論文集. 2006. 348
  • 花井洋子, 佐藤未来, 清水和秋. 進路選択に対する自己効力感尺度の構造-(2)SEMによる潜在変数のモデル化-. 日本心理学会第68回大会発表論文集. 2004. 1198
more...
Books (11):
  • Dimensionality of career indecision: Methodological perspectives.
    University of Coimbra Press 2018
  • パーソナリティ心理学ハンドブック 21章 4節 構造方程式モデリング
    福村出版 2013
  • 現代青年の進路選択
    おうふう 2012
  • 共分散構造分析(構造方程式モデリング)(分担執筆)
    心理臨床大事典改訂版 培風館 2004
  • 大学・短期大学・高等専門学校の職業指導・進路指導の課題(分担執筆)
    『21世紀の進路指導事典』ブレーン出版 2001
more...
Lectures and oral presentations  (73):
  • Dimensionality of Career Indecision Scale for University Students.
    (2016)
  • 調査・解析・尺度構成という操作が作り出すartifacts-解決方法の現在-
    (パーソナリティ心理学学会第25大会発表論文集 2016)
  • Time-structure among states and traits of personality: Multi-Individual Dynamic Factor Analysis.
    (2016)
  • キャリア支援のツールとしての心理テスト(シンポジウム企画),キャリア不決断の測定(発表)
    (日本テスト学会第12会大会発表論文抄録集, 23, キャリア不決断の測定(発表, 202-203) 2014)
  • 大学生の職業観・職業的資質の構造-アメリカ・日本・韓国の国際比較-
    (日本キャリア教育学会第36回研究大会・研究発表論文集 2014)
more...
Education (2):
  • 1979 - Kansai University
  • - 1974 Kansai University
Professional career (1):
  • 社会学修士
Work history (2):
  • 1983/04/01 - 1990/03/31 Kansai University Faculty of Sociology
  • 1980/04/01 - 1983/03/31 Kansai University Faculty of Sociology
Committee career (7):
  • 2005 - 2008 学会会長
  • 2002 - 2005 『進路指導研究』編集委員会編集委員会委員長、常任理事
  • 1996 - 2004 常任理事
  • 2001 - 2003 欧文誌(Behaviormetrika)編集委員
  • 1999 - 2002 『進路指導研究』編集委員会常任編集委員
Show all
Awards (1):
  • 2004/10/16 - 日本進路指導学会 学会賞
Association Membership(s) (6):
日本テスト学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本キャリア教育学会(旧:日本進路指導学会) ,  日本行動計量学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page