Rchr
J-GLOBAL ID:200901069716053316   Update date: Sep. 22, 2022

Chadani Seiichi

チャダニ セイイチ | Chadani Seiichi
Affiliation and department:
Research field  (1): History - Japan
Research keywords  (5): 象徴天皇制 ,  宮中グループ ,  政治外交史 ,  近代天皇制 ,  Emperor system
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2020 - 2024 田島道治文書の分析と研究-象徴天皇制形成期の天皇と宮中-
Papers (13):
  • 茶谷誠一. 『終戦工作』における宮中勢力の動向. 『アジア・太平洋戦争と日本の対外危機』. 2021. 122-166
  • 茶谷 誠一. 政治史における「宮中」. 『歴史評論』. 2018. 817. 52-58
  • 茶谷 誠一. 新史料発見 御用掛・寺崎英成一九四九年日記. 『中央公論』. 2015. 1582. 166-183
  • A Political Conflict in the Making of Symbolic Emperor System : Reshuffling of Imperial Household Office Staff in 1948. 2014. 49. 25-60
  • A review on studies of the symbolized emperor system and monarchical form : from the viewpoint of Constitutional Theory and "historic and social functions of the monarchy". 2012. 47. 39-54
more...
MISC (21):
  • 茶谷 誠一. 解説『天皇の政治史』を再読して. 『天皇の政治史』吉川弘文館. 2019. 289-296
  • 茶谷 誠一. 書評「吉田裕/瀬畑源/河西秀哉編『平成の天皇制とは何か』」. 『志學館大学人間関係学部紀要』. 2019. 40. 81-87
  • 茶谷 誠一. 幼少期から青年期の昭和天皇. 『別冊宝島 昭和天皇秘録』. 2017. 2535. 18-21
  • 茶谷 誠一. 新刊紹介「尚友倶楽部編『岡部長景巣鴨日記』」. 『日本史研究会』. 2016. 646. 78-79
  • 茶谷 誠一. 書評「松田好史著『内大臣の研究』」. 『歴史評論』. 2016. 794. 104-109
more...
Books (11):
  • 昭和天皇拝謁記 第一巻
    岩波書店 2021 ISBN:9784000265911
  • 象徴天皇制のゆくえ
    志學館大学出版会 2020 ISBN:9784860742850
  • 関屋貞三郎日記 第一巻
    国書刊行会 2018
  • 象徴天皇制の成立
    NHK出版(NHKブックス) 2017
  • 日記で読む近現代日本政治史
    ミネルヴァ書房 2017
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 象徴天皇制の成立過程にみる政治葛藤-1948年の側近首脳更迭問題より-
    (2013年度日本政治学会研究大会分科会 自由論題 2013)
  • 敗戦後の宮中再編をめぐる政治攻防 -宮内府設置と側近首脳更迭問題を中心に-
    (2011年度日本政治学会研究大会分科会 2011)
  • 1930年代における宮中勢力の変容
    (2004年度立教大学史学会大会 2004)
  • 国際連盟脱退の政治過程
    (日本国際政治学会研究大会分科会 日本外交史III 2001)
Education (5):
  • 1997 - 2006 立教大学大学院博士後期課程 文学研究科 史学専攻
  • 1995 - 1997 明治大学大学院博士前期課程 文学研究科 史学専攻
  • 1991 - 1995 Meiji University School of Arts and Letters Depatment of History and Geography
  • - 1995 Meiji University Faculty of Literature
  • Rikkyo University Graduate School, Division of Letters
Professional career (3):
  • (BLANK)
  • 修士(史学) (明治大学)
  • 博士(文学) (立教大学)
Work history (12):
  • 2020/04 - 現在 放送大学鹿児島学習センター 客員教授
  • 2020/04 - 現在 SHIGAKUKAN University Faculty of Humanities Department of Humanity and Culture
  • 2019/04 - 2020/03 The Open University of Japan
  • 2018/09 - 2020/03 Shigakukan University Faculty of Humanities Department of Humanity and Culture
  • 2016/04 - 2019/03 Tsuru University
Show all
Committee career (2):
  • 2011/01 - 2015/12 歴史学会 理事
  • 2012/04 - 2015/03 奈良県「日本と東アジアの未来を考える委員会」 委員
Association Membership(s) (4):
日本歴史学会 ,  JAPANESE POLITICAL SCIENCE ASSOCIATION ,  歴史学研究会 ,  日本史研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page