Rchr
J-GLOBAL ID:200901069987729099   Update date: May. 28, 2022

Oohashi Akashi

オオハシ アカシ | Oohashi Akashi
Affiliation and department:
Research field  (1): Community dentistry
Research keywords  (2): 口腔衛生学 ,  Preventive Dentistry
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 1999 - 2002 TCPのレーザアブレーションがエナメル質の再石灰化に及ぼす影響
  • 2002 - サブミクロンTCPによる小窩裂溝レーザ填塞法
  • Remineralization of the Enamel by Laser Abrasion and Tcp
Papers (18):
  • 瀬川 洋, 大橋 明石, 南 健太郎, 板橋 仁, 高田 訓, 柴田 達也, 池山 丈二, 海野 仁. 福島県における被災地口腔ケア推進事業からみえてきた課題. みちのく歯学誌. 2021. 52. 1,2
  • 南 健太郎, 大橋 明石, 瀬川 洋, 廣瀬 公治. フッ化物配合口腔保湿剤による脱灰歯根象牙質表層の硬度と弾性率の回復に関する基礎的研究. みちのく歯学会雑誌. 2020. 51. 1-2. 74-76
  • 南 健太郎, 大橋 明石, 佐藤 俊郎, 大石 泰子, 岸 光男, 岡田 英俊, 瀬川 洋, 廣瀬 公治. フッ化物配合口腔保湿剤による根面齲蝕予防の基礎研究. 奥羽大学歯学誌. 2020. 47. 1. 1-6
  • 大橋 明石, 南 健太郎, 長岡 正博, 福井 和徳, 廣瀬 公治. 歯科衛生士専門学校生に対するフッ化物配合歯磨剤に関する意識・知識調査. みちのく歯学会雑誌. 2019. 50. 1-2. 33-34
  • 瀬川 洋, 大橋 明石, 南 健太郎, 板橋 仁, 高田 訓, 池山 丈二, 海野 仁. 東日本大震災から8年、復興公営住宅入居者に対する口腔ケア推進事業. みちのく歯学会雑誌. 2019. 50. 1-2. 63-64
more...
MISC (5):
  • 大橋 明石. トランス脂肪酸と健康. 奥羽大学歯学誌. 2015. 42. 3. 64-64
  • 大橋 明石. 高齢化とアンチエイジング. 奥羽大学歯学誌. 2012. 39. 4. 210-210
  • 大橋 明石. ティッシュエンジニアリングにおける骨再生材料としてのアパタイトファイバーの有用性. 奥羽大学歯学誌. 2007. 34. 4. 158-158
  • 瀬川洋, 国分美和子, 結城昌子, 大橋明石, 相馬親良, 楠憲治他. 8020達成者の5~7年後の歯科保健状況と喪失歯への移行要因. 福歯会報. 2000. 49. 8
  • 五十嵐栄、結城昌子、国分美和子、大橋明石、田村基政、瀬川洋、楠憲治. COの精密診査結果とCO導入による齲蝕罹患状況への影響について. 歯界展望. 2000. 58
Lectures and oral presentations  (62):
  • リン酸オリゴ糖配合口腔保湿剤による脱灰象牙質表層の再石灰化効果の検討
    (第10回東北口腔衛生学会 2021)
  • フッ化物配合口腔保湿液による象牙質再石灰化効果の基礎的研究
    (口腔衛生学会雑誌 2020)
  • 復興公営住宅入居者に対する口腔ケア推進事業の今後
    (日本歯科医療管理学会雑誌 2019)
  • 福島県における仮設住宅入居者を対象とした被災地口腔ケア推進事業
    (口腔衛生学会雑誌 2019)
  • 福島県における復興公営住宅入居者に対する口腔ケア推進事業
    (日本歯科医療管理学会雑誌 2018)
more...
Professional career (1):
  • Ph. D. (Ohu University)
Association Membership(s) (4):
奥羽大学歯学会 ,  東北地区歯科医学会 ,  日本口腔衛生学会 ,  歯科医療管理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page