Rchr
J-GLOBAL ID:200901070664336150   Update date: Mar. 09, 2021

Kanno Kazue

カンノ カズエ | Kanno Kazue
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): Special needs education ,  Educational psychology
Research keywords  (21): 社会福祉学 ,  特別支援教育 ,  言語機能 ,  ダウン症 ,  作文表現 ,  非単語復唱課題 ,  物語産出課題 ,  MLU ,  ダウン症候群 ,  ワーキングメモリ ,  教育心理学 ,  学校心理学 ,  教授手法 ,  心理学授業 ,  ライフスキル ,  音声発音システム ,  ドットコード ,  ニート対策 ,  教材開発 ,  知的障害心理学 ,  psychology of intellectual and developmental disability
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2013 - 2016 Study on the support system model of consistent special support education for the intellectual and duplication, developmental disabilities from the very early stage
  • 2013 - 2016 Development of the mental health assessment for adults with intellectual disabilities
  • 2015 - 2016 南アジア・スリランカ国における支援ニーズのある子どもたちへのスクールソーシャルワークに関する研究
  • 2009 - 2012 Development of compositions and support program in individuals with Down syndrome
  • 2008 - 2010 「ライフ・スキルを高める心理学の授業」の開発
Show all
Papers (26):
  • Kanno, Kazue, Kobayashi, Osamu, Vasudevan, Varathagowry, Jeyaruban, Varatharajah, Yaguchi, Koichi, Miyagawa, Koh, Kodama, Chiyoko. Exploring the Parents' Expectations on the Sri Lanka's School System Concerning Their Children's Learning Problems. 2018. 23. 85-94
  • The psychometric properties of the Mood, Interest & Pleasure Questionnaire (MIPQ) for workers with intellectual disabilities in general private companies and special subsidiary companies. 2017. 16. 1. 33-38
  • 菅野 和恵. ダウン症のある生徒の書記表現力の事例的研究 動詞と名詞の語彙目録. 東海大学健康科学部紀要. 2017. 22. 61-66
  • 松井 優子, 菅野 和恵. 知的障害者を雇用する特例子会社で働く雇用管理者の意識変容過程. リハビリテーション連携科学. 2015. 16. 1. 21-30
  • 菅野 和恵. ダウン症のある生徒の書記表現力の事例的研究 日記文における品詞の構成を中心に. 東海大学健康科学部紀要. 2015. 20. 85-88
more...
MISC (38):
Books (7):
  • 「ICTの活用による学習に困難を抱える子供たちに対応した指導の充実に関する調査研究-通常の学級編」報告書
    筑波大学附属学校教育局学校支援課連携協力担当 2014
  • 新ダウン症児のことばを育てる
    福村出版 2010
  • 障害児者の理解と教育・支援法
    金子書房 2008
  • 理解と支援の特別支援教育
    コレール社 2008
  • シリーズ障害科学の展開 第5巻 障害理解のための心理学
    明石書店 2008
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • ICTを活用した障害のある子供たちの教育補償と合理的配慮:ICT機器を活用してできること、目指すこと
    (日本特殊教育学会第58回 2020)
  • MIPQを用いた知的障害者のメンタルヘルス評価法の開発に関する研究 障害種別による得点の比較
    (日本発達障害学会研究大会発表論文集 2019)
  • 南アジア・スリランカ国における子どもの学習困難と保護者の求めるサポート
    (日本発達障害学会研究大会発表論文集 2017)
  • 環境学習におけるICTの活用による学習支援の試み~iPadを利用した環境学習の実践~
    (日本環境教育学会大会研究発表要旨集 2014)
  • 発達障害児の記憶研究と教育支援について-言語と視空間情報による短期記憶,ワーキングメモリ,展望記憶について-
    (日本発達心理学会大会論文集 2014)
more...
Education (3):
  • 1998 - 2003 University of Tsukuba
  • 1996 - 1998 University of Tsukuba
  • 1992 - 1996 Miyagi University of Education
Professional career (1):
  • 博士(教育学) (筑波大学)
Work history (6):
  • 2017/04 - 現在 Tokai University School of Health Studies Department of Health Management
  • 2014/04 - 2017/03 Tokai University School of Health Sciences, Department of Social Work
  • 2013/05 - 2014/03 University of Tsukuba Faculty of Human Sciences
  • 2005/04 - 2013/04 University of Tsukuba
  • 2004/04 - 2005/03 University of Tsukuba
Show all
Awards (1):
  • 2007 - 第19回日本特殊教育学会研究奨励賞
Association Membership(s) (7):
JAPAN ACADEMY FOR COMPREHENSIVE REHABILITATION ,  日本LD学会 ,  日本K-ABCアセスメント学会 ,  日本発達心理学会 ,  日本発達障害学会 ,  日本教育心理学会 ,  日本特殊教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page