Rchr
J-GLOBAL ID:200901070693395654   Update date: Nov. 21, 2018

TERUHISA KOMURO

コムロ テルヒサ | TERUHISA KOMURO
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2015 - 2018 行き倒れに関する国際的比較地域史研究-移動する弱者の社会的救済・行政的対応の分析
  • 2015 - 2018 マグナ・カルタの800年-その記録と記憶
  • 2013 - 2016 近代イングランドにおける刑事裁判の専門化と法律専門家の役割
  • 2006 - 2009 「調停」の比較法史
  • 2004 - 2006 英米の治安判事による裁判・裁定の歴史的特徴についての実証的研究
Show all
Papers (30):
  • 近代イギリスにおける救貧法制と「行き倒れ」の取扱い. 『部落問題研究』. 2017. 221. 86-103
  • (書評)戒能通弘著『近代英米法思想の展開-ホッブズ=クック論争からリアリズム法学まで』. 『法制史研究』(法制史学会). 2015. 426-431
  • 松本英実, 佐々木健, 松本尚子. 2014年学界回顧「西洋法制史」. 2014. 86. 13. 326-331
  • イギリスにおける救貧法制と「行き倒れ」(特集「行き倒れ」とその救護から見るイギリス近代・現代日本・首都東京). 『部落問題研究』(社団法人部落問題研究所). 2014. 207. 3-9
  • 田口正樹, 佐々木健, 松本尚子. 2013年学界回顧「西洋法制史」. 法律時報. 2013. 85. 13. 338-343
more...
Books (3):
  • イングランドの「調停」一八世紀における小額債権紛争処理の一局面
    勁草書房 2011 ISBN:9784326449811
  • 治安判事による紛争解決と地域統治
    創文社 2006
  • ヴァーノン・ボグダナー『英国の立憲君主政』
    木鐸社 2003 ISBN:9784833223355
Lectures and oral presentations  (7):
  • 「近代イングランドにおける救貧法制と「行き倒れ」の取り扱い」
    (第54回部落問題研究者全国集会 2016)
  • (シンポジウム)「マグナ・カルタの800年:マグナ・カルタ神話論を超えて」
    (法制史学会第67回総会 2015)
  • 「18世紀後半イングランドにおける小額債権の紛争解決」
    (法制史学会第62回総会 2010)
  • 「法律のことわざ」
    (日本ことわざ文化学会第8回例会 2010)
  • (ミニシンポジウム)「調停の比較法史」
    (法制史学会第57回総会 2005)
more...
Education (2):
  • 1992 - 1994 Tohoku University (Sendai) European Legal History
  • 1988 - 1992 Tohoku University (Sendai)
Professional career (2):
  • Master of Law (Tohoku University (Sendai))
  • BA in Law (Tohoku University (Sendai))
Work history (6):
  • 2008/04 - 現在 Meiji University Law School Concurrent Associate Professor
  • 2007/04 - 現在 Meiji University School of Law Associate Professor
  • 2006/04 - 2007/03 Associate Professor
  • 1999/04 - 2006/03 Meiji University School of Law Senior Assistant Professor in European Legal History
  • 1998/04 - 1999/03 Meiji University School of Law Research Assistant in European Legal History
Show all
Committee career (2):
  • 2004/04 - 2006/03 法制史学会 東京部会幹事
  • 2000/10 - 2004/11 法制史学会 企画委員
Association Membership(s) (1):
法制史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page