Rchr
J-GLOBAL ID:200901070989381527   Update date: Dec. 26, 2022

Kamada Yasuhiko

カマダ ヤスヒコ | Kamada Yasuhiko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.okayama-u-obgyn.jp/
Research field  (1): Obstetrics and gynecology
Research keywords  (10): 性分化異常 ,  性分化疾患 ,  月経前症候群 ,  子宮内膜症 ,  月経 ,  disorders of sex development ,  PMDD ,  premenstrual syndrome ,  endometriosis ,  menstruation
Papers (109):
  • 牧 尉太, 三苫 智裕, 樫野 千明, 依田 尚之, 光井 崇, 衛藤 英理子, 中村 圭一郎, 鎌田 泰彦, 増山 寿. Barbed sutureによる2層連続縫合は帝王切開による子宮創の菲薄化を予防する. 日本女性医学学会雑誌. 2022. 30. 1. 112-112
  • 三苫 智裕, 牧 尉太, 谷 和祐, 樫野 千明, 依田 尚之, 光井 崇, 鎌田 泰彦, 中村 圭一郎, 増山 寿. 産官学協働の地域モデルと高齢女性へのホルモン補充療法を用いた臨床研究がもたらす意義. 日本女性医学学会雑誌. 2022. 30. 1. 158-158
  • 鎌田 泰彦, 杉原 百芳, ヴトゥイハ, 岡本 遼太, 樫野 千明, 久保 光太郎, 光井 崇, 増山 寿. 性成熟期に腹腔鏡下非交通性機能性子宮摘出術および腟再建術を施行した総排泄腔遺残症(persistent cloaca)の1例. 現代産婦人科. 2022. 71. Suppl. S71-S72
  • 鎌田泰彦. リユースのバイポーラ,VIOR3. 産婦人科手術. 2022. 33. 114-114
  • 大石 恵一, 久保 光太郎, 楠元 理恵, 樫野 千明, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, 鎌田 泰彦, 中塚 幹也, 増山 寿. 抗凝固療法中に下肢静脈血栓症を発症した抗リン脂質抗体症候群合併妊娠の一例. 現代産婦人科. 2022. 70. 2. 289-292
more...
MISC (179):
  • 鎌田 泰彦, 杉原 百芳, ヴトゥイハ, 岡本 遼太, 樫野 千明, 久保 光太郎, 光井 崇, 増山 寿. 性成熟期に腹腔鏡下非交通性機能性子宮摘出術および腟再建術を施行した総排泄腔遺残症(persistent cloaca)の1例. 現代産婦人科. 2022. 71. Suppl. S71-S72
  • 鎌田 泰彦, 楠元 理恵, 三島 桜子, 樫野 千明, 牧 尉太, 久保 光太郎, 長谷川 徹, 光井 崇, 衛藤 英理子, 早田 桂, et al. 完全中隔子宮・腟中隔の術後妊娠で分娩後大出血をきたした一例. 産婦人科手術. 2022. 33. 163-163
  • Kashino Chiaki, Hasegawa Toru, Kamada Yasuhiko, Masuyama Hisashi, Otsuka Fumio. ラット顆粒膜細胞による卵巣ステロイド合成におけるBMP-15が関与したグルココルチコイド作用(Involvement of BMP-15 in glucocorticoid actions on ovarian steroidogenesis by rat granulosa cells). 日本産科婦人科学会雑誌. 2022. 74. 臨増. S-187
  • Kamada Yasuhiko, Okamoto Ryota, Kashino Chiaki, Kubo Kotaro, Hasegawa Toru, Mitsui Takashi, Masuyama Hisashi. MRIによるobstructed hemivagina and ipsilateral renal anomalyとWunderlich症候群の術前鑑別診断(Preoperative differential diagnosis between obstructed hemivagina and ipsilateral renal anomaly and Wunderlich syndrome using magnetic resonance imaging). 日本産科婦人科学会雑誌. 2022. 74. 臨増. S-242
  • Sawai Yudai, Mitsui Takashi, Okamoto Ryota, Kashino Chiaki, Kubo Kotaro, Kamada Yasuhiko, Nakatsuka Mikiya, Masuyama Hisashi. 慢性子宮内膜炎の組織病理学的所見と月経直後に施行した子宮ファイバースコープ所見との比較(Comparison of the histopathology of chronic endometritis with the findings of hysterofiberscopy performed immediately after menstruation). 日本産科婦人科学会雑誌. 2022. 74. 臨増. S-245
more...
Books (16):
  • みえる!わかる!女性内分泌
    メジカルビュー社 2022 ISBN:9784758321273
  • 妊婦の糖代謝異常診療・管理マニュアル 第3版
    メジカルビュー社 2022 ISBN:9784758321327
  • 臓器移植後妊娠・出産ガイドライン2021
    一般社団法人 日本移植学会 臓器移植後妊娠・ 出産ガイドライン策定委員会 2021
  • 産婦人科専門医のための必修知識2020年度版
    日本産科婦人科学会 2020 ISBN:9784907890223
  • OGS NOW basic 産婦人科手術のための基礎知識(共著)
    メジカルビュー 2020 ISBN:9784758319812
more...
Lectures and oral presentations  (484):
  • 性成熟期に人工真皮を用いた腟再建術を施行した総排泄腔遺残症(persistent cloaca)の1例
    (第45回日本産婦人科手術学会 2022)
  • 無月経の診断と治療
    (2022年度香川生殖内分泌研究会 2022)
  • 病状の再燃なしに生殖補助医療にて妊娠成立したpolypoid endometriosis の1 例
    (第67回日本生殖医学会学術講演会・総会 2022)
  • 岡山大学病院におけるDr.JOYを用いた勤怠管理の実際
    (令和4年度勤務医懇話会-中国・四国ブロックー 2022)
  • 性成熟期に腹腔鏡下非交通性機能性子宮摘出術ならびに腟再建術を施行した総排泄腔遺残症(persistent cloaca)の1例
    (第62回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2022)
more...
Education (2):
  • - 2001 Okayama University
  • - 1994 Okayama University Medical School Faculty of Medicine
Professional career (1):
  • Doctor (Medicine) (Okayama University)
Work history (11):
  • 2018 - - 岡山大学岡山大学病院 准教授
  • 2018 - - Associate Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University
  • 2013 - 2017 Okayama University Okayama University Hospital
  • 2013 - 2017 Senior Assistant Professor,University Hospital of Medicine and Dentistry,Okayama University
  • 2004 - 2012 Okayama University Okayama University Hospital
Show all
Committee career (4):
  • 2018 - 日本生殖医学会 代議員
  • 2017 - 日本産婦人科手術学会 幹事
  • 2017 - 日本産科婦人科学会 代議員
  • 2010 - 日本生殖免疫学会 評議員
Association Membership(s) (10):
日本婦人科腫瘍学会 ,  日本女性医学学会 ,  日本産婦人科手術学会 ,  日本周産期・新生児医学会 ,  日本生殖免疫学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本内分泌学会 ,  JSOG ,  日本エンドメトリオーシス学会 ,  日本産科婦人科内視鏡学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page