Rchr
J-GLOBAL ID:200901071164086227   Update date: Sep. 22, 2020

Nakamura Misa

ナカムラ ミサ | Nakamura Misa
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Nutrition and health science ,  Molecular biology ,  Experimental pathology
Research keywords  (8): dementia ,  body composition ,  locomotive syndrome ,  genetic polymorphism ,  elderly people ,  bone metabolism ,  tumor ,  calcitonin
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2018 - 2020 認知症予防をめざした運動指導へのロコモ25スコアの有効性
  • 2018 - 地域在住高齢者および軽度認知症者の認知機能と骨代謝マーカーとの関係
  • 2012 - 2015 敗血症におけるプロカルシトニンの意義-プロカルシトニン欠損マウスを用いてー
  • 2004 - 2005 乳腺におけるカルシトニン・カルシトニン受容体の役割の研究
  • 2003 - 2004 カルシトニン受容体ファミリーの乳癌進展に果たす役割の解明
Show all
Papers (131):
  • Misa Nakamura, Masakazu Imaoka, Masatoshi Takeda. Interaction of bone and brain: osteocalcin and cognition. The International journal of neuroscience. 2020. 25. 1-9
  • 今岡 真和, 中村 美砂, 中尾 英俊, 田崎 史江, 生水 智子, 肥田 光正, 武田 雅俊. 地域在住高齢者の主観的健康感とフレイルとの関連について. 大阪河崎リハビリテーション大学紀要. 2020. 14. 13-17
  • 生水 智子, 田崎 史江, 中村 美砂, 今岡 真和, 中尾 英俊, 肥田 光正. 地域在住高齢者における睡眠状況と園芸活動の関係. 大阪河崎リハビリテーション大学紀要. 2020. 14. 39-43
  • 中村美砂, 脂肪細胞を介したカルシトニンの新しい機能. 脂肪細胞を介したカルシトニンの新しい機能. 大阪河崎リハビリテーション大学紀要. 2020. 14. 45-49
  • Ryota Imai, Masakazu Imaoka, Hidetoshi Nakao, Mitsumasa Hida, Fumie Tazaki, Tomoko Omizu, Tomoya Ishigaki, Misa Nakamura. Association between chronic pain and pre-frailty in Japanese community-dwelling older adults: A cross-sectional study. PloS one. 2020. 15. 8. e0236111
more...
MISC (124):
  • 肥田 光正, 今岡 真和, 中村 美砂, 中尾 英俊, 田崎 史江, 生水 智子, 武田 雅俊, 山坂 宏太, 大西 忠輔, 和田 親宗. 地域在住高齢者における慢性痛の保有期間と心身機能の関係. 慢性疼痛. 2019. 38. 1. 229-233
  • 中村 美砂, 今岡 真和, 田崎 史江, 中尾 英俊, 肥田 光正, 生水 智子, 亀井 一郎, 武田 雅俊. 地域在住高齢者の認知機能の推移と血中骨代謝関連物質の変化量との関係. 日本未病システム学会学術総会抄録集. 2019. 26回. 103-103
  • 肥田 光正, 中村 美砂, 今岡 真和, 中尾 英俊, 田崎 史江, 生水 智子, 和田 親宗, 大西 忠輔, 山坂 宏太, 武田 雅俊. 地域在住高齢者の慢性疼痛の有無ならびに保有期間と心理機能との関係. The Japanese Journal of Rehabilitation Medicine. 2019. 56. 秋季特別号. S428-S428
  • 河野 良平, 野村 幸子, 奥野 祥治, 鍵弥 朋子, 中村 美砂, 宇都宮 洋才. 山椒由来geranyl acetate誘導体はマスト細胞の脱顆粒を抑制する. 日本未病システム学会学術総会抄録集. 2019. 26回. 116-116
  • 今岡 真和, 中村 美砂, 田崎 史江, 中尾 英俊, 北川 智美, 藤堂 恵美子. Validation of the program through peer assistance activities by residents for improving cognitive function : Randomized controlled study. 大阪ガスグループ福祉財団調査・研究報告集. 2019. 32. 27-37
more...
Books (2):
  • 中村美砂 大学生のためのヘルスサイエンス~人生を豊かに過ごすために~
    清風堂書店、大阪 2012
  • Molecular mechanism and morphology in cancer
    2010
Education (3):
  • - 1996 Wakayama Medical University
  • - 1986 Yamaguchi University
  • - 1984 Yamaguchi University
Professional career (2):
  • (BLANK)
  • (BLANK)
Work history (6):
  • 2006 - 現在 現職
  • 2004 - 2006 Wakayama Medical University
  • 1999 - 2004 Wakayama Medical University
  • 1998 - 1999 米国バンダービルト大学 医学部 リサーチフェロー
  • 1995 - 1998 Wakayama Medical University
Show all
Committee career (6):
  • 2018 - 現在 日本未病学会 評議員
  • 2011 - 現在 日本臨床内分泌病理学会 評議員
  • 2004 - 現在 日本内分泌学会 評議員
  • 2003 - 現在 日本病理学会 評議員
  • - 2019 Journal of Basic and Clinical Medicine Editorial board member
Show all
Awards (1):
  • 2014/12 - 日本内分泌病理学会 佐野賞
Association Membership(s) (5):
THE JAPAN ENDOCRINE SOCIETY ,  日本内分泌学会 ,  日本病理学会 ,  日本体力医学会 ,  JAPAN MIBYOU SYSTEM ASSOCIATION
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page