Rchr
J-GLOBAL ID:200901071724234472   Update date: Jan. 11, 2021

SHIBATA Haruka

SHIBATA Haruka
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.h.kyoto-u.ac.jp/academic_f/faculty_f/113_shibata_h_0/
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (6): 生き方 ,  幸福 ,  親密性(友人関係・恋愛・結婚・家族) ,  近代化 ,  社会学(社会理論・社会調査・計量分析) ,  社会保障
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2020 - 2025 ウェルビーイングの規定要因に関する実証的研究
  • 2015 - 2020 私的/公的サポートがwell-beingに与える影響に関する実証的研究
  • 2013 - 2016 Comparative Sociology of Changing Values and Social Stratification
  • 2010 - 2012 現代における他者援助の成立条件に関する比較社会学的研究
  • 2007 - 2009 プラグマティズムの成立史に関する研究とその現代的意義
Papers (24):
  • 阪口祐介, 柴田 悠. 「生活目標のコーホート分析--いかなる時代・世代に日本人の生活目標は変化したのか?」. 『ソシオロジ』(社会学研究会). 2014. 59. 1(通号180). 21-37
  • 柴田 悠. 「自殺率に対する積極的労働市場政策の効果--OECD26ヵ国1980~2007年のパネルデータ分析」. 『社会学評論』(日本社会学会). 2014. 65. 1(通号257). 116-133
  • 柴田 悠. 「子育て支援と高齢者労働力活用はどうすれば両立できるか--高齢者が働く保育施設における「ばあば」概念の脱血縁化とその可能性」. 水野英莉編 『「再本質化」される親密圏と新たなシチズンシップ』(京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」ワーキングペーパー次世代研究101). 2013. 55-81
  • Tuukka TOIVONEN, Junya TSUTSUI, Haruka SHIBATA. "New Risks, Old Welfare: Japanese University Students, Work-related Anxieties and Sources of Support". RIEB Discussion Paper Series (Research Institute for Economics & Business Administration, Kobe University). 2012. No.2012-17. 1-29
  • 柴田 悠. 「再分配政策の現状--日本の位置とその変化」. 濱西栄司編 『新しい社会的リスクとソーシャル・ガヴァナンス--社会変動と新しいアクター連関の観点から』(京都大学グローバルCOEプログラム「親密圏と公共圏の再編成をめざすアジア拠点」ワーキングペーパー次世代研究53). 2011. 33-54
more...
MISC (82):
  • 柴田 悠. 「「幼児教育・保育の無償化」の意義と課題を考える」. 『第三文明』 (第三文明社). 2020. 722. 35-37
  • 柴田 悠. 「人生100年時代の幸福論」(インタビュー). 『聖教新聞』 2019年11月9日朝刊1面+3面. 2019
  • 柴田 悠. 「保育無償化による、子供への思いがけぬ悪影響」. 『PRESIDENT WOMAN』 2019年9月16日掲載. 2019
  • 柴田 悠. 「幼保無償化 主に地方でメリット」(インタビュー). 『朝日新聞』 2019年9月29日朝刊. 2019
  • 柴田 悠. 「幼保無償化の論点(中) 上限額設定・所得制限 検討を」. 『日本経済新聞』 2019年9月23日朝刊(経済教室). 2019
more...
Books (17):
  • 筑摩書房編集部編 『コロナ後の世界--いま、この地点から考える』
    筑摩書房 2020 ISBN:4480864741
  • 宮本太郎編著 『転げ落ちない社会--困窮と孤立をふせぐ制度戦略』
    勁草書房 2017 ISBN:4326654120
  • 工藤保則・大山小夜・笠井賢紀編 『基礎ゼミ 社会学』
    世界思想社 2017 ISBN:4790716929
  • 『子育て支援と経済成長』 (朝日新書)
    朝日新聞出版 2017 ISBN:4022737069
  • 秋津元輝・渡邊拓也編 『せめぎ合う親密と公共--中間圏というアリーナ』
    京都大学学術出版会 2017 ISBN:4814000588
more...
Lectures and oral presentations  (75):
  • 「子育て支援と経済支援について」
    (特別民間法人日本商工会議所「産業政策第二部勉強会」 2020)
  • 「「社会学I」「社会学II」の授業実践」
    (京都大学大学院人間・環境学研究科・国際高等教育院共催「教養教育実践研究会」第2回例会 2020)
  • 「少子化対策の費用対効果と今後の保育政策について」
    (経団連(一般社団法人日本経済団体連合会)「人口問題委員会企画部会」 2020)
  • 「少子化対策の費用対効果」
    (内閣府特命担当大臣(経済財政政策)主宰・有識者懇談会「選択する未来2.0」第2回会議 2020)
  • 「「価値観の多様性」と「脆弱性の社会的機能」を直視する社会へ」
    (第2回シノドス国際社会動向研究所研究会 2019)
more...
Education (2):
  • 2003 - 2010 Kyoto University
  • 1998 - 2002 Kyoto University
Professional career (3):
  • 博士(人間・環境学) (京都大学)
  • 修士(人間・環境学) (京都大学)
  • 学士(総合人間学) (京都大学)
Work history (12):
  • 2016/04 - 現在 京都大学 総合人間学部人間科学系 准教授
  • 2016/04 - 現在 Kyoto University Graduate School of Human and Environmental Studies, Department of Human Coexistence
  • 2016/04 - 2017/03 Ritsumeikan University Department of Social Sciences, College of Social Sciences
  • 2014/04 - 2016/03 Ritsumeikan University Department of Social Sciences, College of Social Sciences
  • 2014/04 - 2014/09 Doshisha University Faculty of Policy Studies, Department of Policy Studies
Show all
Committee career (10):
  • 2018/12 - 2021/11 日本社会学会 研究活動委員
  • 2018/09 - 2020/08 社会政策学会 学会賞選考委員
  • 2018/08 - 2019/07 京都府 「子育て支援医療助成制度あり方検討会議」委員
  • 2018/05 - 2018/09 大阪府 「社会保障財政研究会」アドバイザー
  • 2017/04 - 2018/03 文部科学省 生涯学習調査官
Show all
Awards (4):
  • 2017/06 - 社会政策学会 第23回社会政策学会学会賞 (奨励賞)
  • 2013/10 - 京都市 未来の京都まちづくり推進表彰 (「改革」分野)
  • 2012/05 - 関西社会学会 第63回関西社会学会大会奨励賞
  • 2010/06 - 関西社会学会 第61回関西社会学会大会奨励賞
Association Membership(s) (4):
JAPAN ASSOCIATION FOR SOCIAL POLICY STUDIES ,  JAPAN SOCIETY OF FAMILY SOCIOLOGY ,  関西社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page