Rchr
J-GLOBAL ID:200901071994772271   Update date: Jul. 26, 2020

Kadoya Hidenori

カドヤ ヒデノリ | Kadoya Hidenori
Affiliation and department:
Job title: associate professor
Homepage URL  (1): https://tsuyama-ct.academia.edu/HidenoriKadoja
Research field  (3): Linguistics ,  Sociology ,  History - Europe/America
Research keywords  (11): 計画言語 ,  コミュニケーション権 ,  ユニバーサルデザイン ,  言語権 ,  Literacy ,  スカンディナヴィア ,  西洋中世史 ,  北欧史 ,  Esperantology ,  社会言語学 ,  early medieval Scandinavian history
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2018 - 2022 自治体移民言語政策と言語認識に関する国際比較研究
  • 2018 - 2021 中小技術職現場における女性の雇用就労の構造研究-女性技術者就業マッチング設計ー
  • 2017 - 2020 言語権論の展開に関する総合的研究
  • 2015 - 2018 情報保障制度の実証的多国間比較による情報保障モデルの構築
  • 2013 - 2016 企業の女性技術者人材活用に関する実証的研究--卒後含む工学女子長期キャリア教育構想--
Show all
Papers (20):
  • かどやひでのり. ファシズム期の日本におけるエスペラント運動. 社会言語学 別冊. 2020. 3. 65-92
  • 糸魚川美樹, かどや ひでのり. カタルーニャにおける情報保障 - カタルーニャ手話に 関するききとり調査 -. 共生の文化研究. 2017. 11. 102-108
  • かどや ひでのり. 情報保障概念の再定義. 社会言語学. 2016. 別冊. II. 67-72
  • かどや ひでのり. 漢字の問題化がすすまないのはなぜか -言語差別現象の一部としての漢字-. ことばと文字. 2015. 4
  • かどや ひでのり. 学生に対するカリキュラム外支援と教員の「外部化」-ケア労働としての教育という視点から-. 日本高専学会誌. 2015. 20. 3. 39-42
more...
MISC (30):
  • かどやひでのり. エスペラント報國同盟:ファシズム期のエスペラント運動. 『日本エスペラント協会(JEI)100年史 --日本エスペラント学会から協会へ--』一般財団法人日本エスペラント協会. 2020. 106-108
  • かどや ひでのり. 節英というひかえめでラディカルな営為 書評:木村 護郎クリストフ 著『節英のすすめ 脱英語依存こそ国際化・グローバル化のカギ!』 (萬書房、2016 年). 社会言語学. 2017. 17
  • かどや ひでのり. 日本手話は「自然言語」か---書評:佐々木 倫子編 『ろう者からみた「多文化共生」-- もうひとつの言語的マイノリティ』 (ココ出版、2012年). 社会言語学. 2013. 13. 175-186
  • KADOYA Hidenori. THE CONDITIONS OF EDUCATIONAL PRACTICE FORSTERING CREATIVENESS. Journal of the Japan Association for College of Technology. 2011. 16. 3. 165-168
  • KADOYA Hidenori. STUDENTS' CRIBBING VIEWED FROM LEARNING MOTIVATING. 2010. 15. 3. 97-102
more...
Books (8):
  • "Sociolingvistika Lokigo de Esperanto -- de lingva rajto al informogarantio --", Gotoo Hitosi, Kimura Goro Christoph, Jose Antonio Vergara(red.), En La Mondon Venis Nova Lingvo. Festlibro Por La 75-Jariĝo de Ulrich Lins
    Mondial, New York 2018 ISBN:9781595693785
  • 行動する社会言語学---ことば/権力/差別II
    三元社 2017 ISBN:9784883034499
  • 「言語権から計画言語へ」『ことば/権力/差別 言語権からみた情報弱者の解放 新装版』ましこひでのり編
    三元社 2012 ISBN:9784883033157
  • 識字の社会言語学
    生活書院 2010 ISBN:9784903690667
  • ヴァイキング時代(学術選書 諸文明の起源 009)
    京都大学学術出版会 2006 ISBN:9784876988099
more...
Lectures and oral presentations  (30):
  • Kiel oni povas sisteme kompreni la esperant-movadan historion en Japanio dum la faŝisma periodo ?
    (La Studraporta Kunsido de Japana Esperanto-Instituto 2018)
  • 節英論の史的意義
    (日本言語政策学会 於:早稲田大学早稲田キャンパス 2018)
  • La ideo pacifismo kaj la bazteorio de Esperanta movado
    (Esperantologia Konferenco, Hankuk University of Foreign Studies 2017)
  • Esperanta Movado en Japanio kaj la Faŝismemo dum la militoj - Politikeco kaj neŭtraleco el socilingvistika kaj historia vidpunkto -
    (kadoya 2015)
  • 情報保障の定義を再検討する
    (日本言語政策学会 2015)
more...
Education (3):
  • 1994 - 2001 名古屋大学大学院 社会情報学専攻
  • 1997 - 1999 Historiska institutionen, Uppsala universitet
  • 1988 - 1993 Kyoto University
Work history (4):
  • 2017 - 2020/03 Osaka University Graduate School of Language and Culture
  • 2003 - 2005 Kyoto University Institute for Research in Humanities
  • 2000 - 2004/03 Chubu University College of Humanities
  • 2000 - 2001 Aichi Prefectural University Faculty of Letters
Association Membership(s) (12):
「社会言語学」刊行会 ,  バルト=スカンディナヴィア研究会 ,  THE HISTORICAL SOCEITY OF JAPAN ,  日本人権教育研究学会 ,  日本言語政策学会 ,  日本高専学会 ,  日本解放社会学会 ,  日本エスペラント学会 ,  日本西洋史学会 ,  史学研究会 ,  日本アイスランド学会 ,  Universala Esperanto-Asocio
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page