Rchr
J-GLOBAL ID:200901072586622276   Update date: Nov. 13, 2020

Yasuda Masaru

ヤスダ マサル | Yasuda Masaru
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (3): Educational psychology ,  Education - general ,  Clinical psychology
Research keywords  (10): 教学IR ,  個人差 ,  眼球運動 ,  テキストマイニング ,  投映法 ,  信頼性 ,  妥当性 ,  色・形問題 ,  心理検査 ,  ロールシャッハ法
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2022 A Study of Educational Materials and Evaluation in Logic Education Focusing on Deductive Logic: in Consideration of the Link between Preschool and School Education
  • 2020 - 2021 オンデマンド授業にも同時双方向性授業にも対応する、授業の撮影・編集環境の構築
  • 2019 - 2020 ジェネリックスキルの向上に寄与する教育活動の要因特定と、教育改善のエビデンス提供
  • 2014 - 2016 ロールシャッハ法における色彩ショックの発生メカニズム解明と、解釈法の整理
  • 2012 - 2014 眼球運動測定を用いた、ロールシャッハ色彩反応の知覚的メカニズム解明と妥当性検証
Show all
Papers (13):
more...
MISC (2):
  • 安田 傑. 失われるものと,引き継がれていくもの. 臨床教育心理学研究. 2012. 38. 6
  • 安田傑. ロールシャッハ・テスト図版回転反応の有無と反応数達成動機の関係(2003年度卒業論文抄録). 臨床教育心理学研究. 2004. 30. 1
Books (6):
  • 社会福祉士国家試験過去問解説集2021 第30回-第32回完全解説+第28回-第29回問題&解答
    中央法規出版 2020
  • 社会福祉士国家試験過去問解説集2020 第29回-第31回完全解説+第27回-第28回問題&解答
    中央法規出版 2019 ISBN:4805858680
  • 2019社会福祉士国家試験過去問解説集 -第28回-第30回全問完全解説
    中央法規出版 2018 ISBN:4805856610
  • 英←→和心理学用語集
    培風館 2014 ISBN:4563052337
  • 心理科学の射程 (K.G.りぶれっと No. 30)
    関西学院大学出版会 2012 ISBN:4862831141
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • 中学生における演繹論理の認識調査をもとにした論理教育の基礎研究
    (2020年度 数学教育学会 春季年会(コロナウイルスに起因する開催中止) 2020)
  • 大学生における非友達-友達-親友の境界線
    (関西心理学会第130回大会 2018)
  • The evolution of the Rorschach in Japan
    (the 31st International Congress of Psychology 2016 2016)
  • ドットプローブ課題を用いた、色彩ショックのメカニズムと基準関連妥当性の検証
    (日本ロールシャッハ学会第19回大会 2015)
  • 本学会誌の論文中で用いられている測定法の頻度調査
    (日本パーソナリティ心理学会第24回大会 2015)
more...
Professional career (1):
  • 博士(教育心理学) (関西学院大学)
Work history (2):
  • 2018/04 - 現在 Osaka Ohtani University Faculty of Human and Social Sciences, Department of Human and Social Sciences
  • 2015/04 - 2018/03 Osaka Ohtani University Faculty of Human and Social Sciences, Department of Human and Social Sciences
Committee career (1):
  • 2018/04 - 現在 日本ロールシャッハ学会 広報・情報化委員会
Association Membership(s) (5):
関西心理学会 ,  THE JAPANESE ASSOCIATION OF EDUCATIONAL PSYCHOLOGY ,  包括システムによる日本ロールシャッハ学会 ,  日本ロールシャッハ学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page