Rchr
J-GLOBAL ID:200901073368326769   Update date: Oct. 28, 2020

Haruhi Katayama

カタヤマ ハルヒ | Haruhi Katayama
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Literature - General ,  Religious studies ,  Philosophy and ethics
Research keywords  (4): christianity ,  Spirituality ,  literature ,  Carmel
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2007 - 2010 キリスト教教育の日本における変容ー教育を媒体とした外国修道会の影響を中心に
  • 2005 - 2006 ヒューマン・ディグニティに関わる全人教育カリキュラムの研究
  • 2004 - 2004 全人教育に資するコア・カリキュラムの研究
  • 1999 - 2000 明日の上智を考える
  • 1996 - 1998 『豊かな人間性を育てる教育』に関する研究
Show all
Papers (47):
  • Haruhi Katayama. The prayer of little bird. Carmel. 2019. 冬
  • Haruhi Katayama. The prayer of little bird. Carmel. 2018. 秋
  • Haruhi Katayama. God is father. Carmel. 2018. 夏
  • Haruhi Katayama. God is Love. Carmel. 2018. 春
  • Haruhi Katayama. FrMarie Eugène of child Jesus ocd and Thérèse of Lisieux. Evangelisation. 2017. 第71. 12月
more...
Books (19):
  • 和解と交わりをめざして 宗教改革500年を記念して
    2018
  • 神のいつくしみー苦しみあわれむ愛
    日本キリスト教団出版局 2017 ISBN:9784818409668
  • 福音の喜びー人々の中へ、人々と共に
    日本キリスト教団出版局 2016 ISBN:9784818409378
  • 『永井隆ー 原爆の荒野から世界に「平和を」』 (ひかりをかかげて)
    日本キリスト教団出版局 2015 ISBN:9784818409101
  • 『文学における神の物語』 「聖書、生きた「象徴」の物語/八木重吉と十字架の聖ヨハネの詩を題材として 」
    リトン 2014 ISBN:9784863760394
more...
Lectures and oral presentations  (21):
  • 「人間学」の変遷と将来の展望
    (日本カトリック教育学会特別企画II 科研費共同研究「カトリック系人文教育と日本」共催シンポジウム 2018)
  • 女性と共生ーリジューの聖テレーズ
    (上智大学共生学研究会・キリスト教文化研究所主催シンポジウム 2015)
  • 「文化とキリストの良いしらせ」
    (連続セミナー「第二バチカン公会議と今」 2015)
  • 遠藤周作の文学とリジューのテレーズの霊性
    (オリエンス・セミナー 2015)
  • 遠藤周作と「テレーズ」
    (第10回遠藤周作学会 2015)
more...
Professional career (3):
  • 現代文学修士 (プロヴァンス第一大学)
  • 文学修士 (上智大学)
  • 文学博士 (プロヴァンス第一大学)
Association Membership(s) (6):
Société de Langue et Littérature Françaises , Université Sophia ,  日本フランス語フランス文学会 ,  Sophia University Philosophical Anthropology Association ,  The National Society for the Study of Catholic Education ,  The Japna Society for Literature and Christianity ,  日本カトリック神学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page