Rchr
J-GLOBAL ID:200901073864040891   Update date: Jul. 20, 2020

Tsuchiyama Jitsuo

Tsuchiyama Jitsuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): International relations
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2006 - 東アジアの国際政治と日米同盟関係
  • 2006 - 日本外交におけるリアリズム
  • 2006 - 心理学的外交政策理論
  • 2006 - 同盟と危機管理を中心とする安全保障理論
  • 2006 - リアリズム国際政治理論
Show all
Papers (37):
  • 国際政治理論から見た日本のリアリストー永井陽之助、高坂正堯、そして若泉敬ー. 国際政治. 2013. 114-128
  • 「国際政治学におけるカルチャーの理論的位置づけ:Richard N.Lebowの研究を中心に」. Peace and Culture(青山学院大学国際交流共同研究センター). 2012. 49-69
  • 現代国際政治学への挑戦ーリチャード・ルボウのクラシカル・リアリズム. 国際政治. 2012. 146-155
  • 「ジョン・ミアシャイマー、『大国政治の悲劇』」(書評). 国際安全保障. 2007
  • "War Renunciation, Article 9, and Security Policy"(in Japan in International Politics). 2007
more...
Books (32):
  • 『日米同盟再考』
    亜紀書房 2010
  • Institutionalizing Northeast Asia:Regional Steps towards Global Governance
    United Nations University Press 2008
  • "Do Alliance Networks in Northeast Asia contribute to peace and stability? " (in Institutionalizing Northeast Asia)
    2008
  • Japan in International Politics: The Foreign Policies of an Adaptive State
    2007
  • 「不安の帝国アメリカの悩める安全保障」
    『アメリカ政治外交のアナトミー』(山本吉宣・武田興欣編、国際書院) 2006
more...
Lectures and oral presentations  (40):
  • 国際政治理論から見た日本のリアリズムー永井陽之助、高坂正尭、若泉敬を中心として
    (日本国際安全保障学会 2010)
  • Do the Alliance Networks in Northeast Asia Contribute to Peace and Stability?
    (Institutionalizing Northeast Asia(国連大学・青山学院大学)(単独) 2005)
  • 同盟ネットワークとガバナンス
    (「グローバル・ガバナンス-プロセス, 有効性, そして制度」ワークショップ(国際政治経済学部科研費プロジェクト)(単独) 2004)
  • Japan's Resistance Strategy in the U.S.-Japan Alliance
    (Challenges to America Project(Graduate School of Public and International Affairs, the University of Pittsburgh) (単独) 2004)
  • Ten Theories of Japan's Alliance Behavior
    (The Conference on New Intellectual Dialogue between Central Europe and Japan(単独) 2001)
more...
Works (15):
  • 作れる限り核抑止は続く
    2013 -
  • Japan must clarify goals,discuss roles of alliance(論説)
    2011 -
  • リアリズムを現代に問う-永井陽之助、高坂正尭、若泉敬を中心に(対談)
    岩間陽子政策研究大学院大学教授との対談 2011 -
  • 「国家目標示し同盟論じよ」(論説)
    2011 -
  • 同盟重視の「現実主義」(インタビュー記事)
    2010 -
more...
Education (4):
  • 1979 - 1984 メリーランド州立大学大学院
  • 1975 - 1979 ジョージ・ワシントン大学大学院
  • 1973 - 1976 Aoyama Gakuin University
  • 1969 - 1973 Aoyama Gakuin University
Professional career (3):
  • 法学士 (青山学院大学)
  • M.A. (ジョージ・ワシントン大学)
  • Ph.D. (メリーランド州立大学)
Work history (6):
  • 1993/04 - 2019/03 School of International Politics, Economics and Communication School of International Politics, Economics and Communication Department of International Politics Professor
  • 1993/09 - 1994/08 Researcher
  • 1993/04/01 - 1993/07/31 Lecturer
  • 1988/04/01 - 1993/03/31 School of International Politics, Economics and Communication School of International Politics, Economics and Communication Department of International Politics
  • 1986/04/01 - 1988/03/31 School of International Politics, Economics and Communication School of International Politics, Economics and Communication Department of International Politics
Show all
Committee career (6):
  • 2001/04 - 現在 防衛戦略研究会議 委員
  • 2001/01 - 現在 統合幕僚学校講師 講師
  • 2001 - 現在 航空自衛隊幹部学校講師 講師
  • 1995 - 現在 海上自衛隊幹部学校講師 講師
  • 1996 - 2002 防衛庁防衛研究所(一般課程)講師 講師
Show all
Awards (2):
  • 1987/05 - 防衛学会 佐伯賞 論文「現代の安全保障と危機管理」
  • 1982/10 - 国際交流基金創立十周年記念国際文化交流論文一席入選
Association Membership(s) (4):
International Studies Association ,  国際法学会 ,  国際安全保障学会 ,  日本国際政治学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page