Rchr
J-GLOBAL ID:200901074283215581   Update date: May. 28, 2020

Kameshima Shinya

カメシマ シンヤ | Kameshima Shinya
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://homepage.mac.com/kameshima
Research field  (2): Experimental psychology ,  Social psychology
Research keywords  (7): 進化心理学 ,  発達心理学 ,  実験心理学 ,  行動分析 ,  Sociology (including Social Welfare) ,  Educational and Social Psychology ,  Experimental Psychology
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2001 - 2006 子どもの社会性発達
  • 2001 - 2006 Empathy development
  • 2004 - 2005 大学生の学力向上
  • 2004 - 2005 Cognitive abilities on unversity students
  • 2004 - 2004 地域子育て支援事業
Show all
MISC (41):
  • Development of a Group Counseling Skills Training Model in Japan. Poster presented at the American Psychological Association 115th Annual Convention, California. 2007
  • 青年期における共感性と攻撃性の関係(2)-対人援助職に就こうとする学生は共感性が高く攻撃性が低いのか?-. 日本発達心理学会第17回大会発表論文集. 2006. 64
  • 子育て支援プログラムが変える母親の行動とは? - 子どもを見てから大人と関わるプロセス -. 日本発達心理学会第17回大会発表論文集. 2006. 104
  • 子育て支援親子教室への参加がもたらす効果. 日本発達心理学会第17回大会発表論文集. 2006. 103
  • 子育て支援教室を母親はどのように評価しているか(共著). 関西福祉科学大学紀要. 2006. 9, 249-258
more...
Books (11):
  • 発達の型
    子どもを育む心理学(共著)保育出版社 2007
  • 家族とパーソナリティ
    人格発達心理学(共著)ナカニシヤ出版 2004
  • 人間の成長・発達と心理
    社会福祉士受験要点講座 心理学 改訂第2版(共著)棋苑図書 2001
  • 人間関係の生涯発達
    人間関係を学ぶ心理学(共著)福村出版 1999
  • 愛着形成
    現代福祉学レキシコン(共著)雄山閣出版 1998
more...
Works (24):
  • 認知学習理論を応用した大学生の学力向上プログラム(学術研究振興資金)(研究代表者、亀島信也)
    2007 -
  • ひとは感情知性としての子どもの共感性をどのようにとらえているのか?(科研基盤C)(研究代表者、亀島信也)
    2004 - 2006
  • 関西福祉科学大学・関西女子短期大学における教養教育について(研究代表者、橋本淳)
    2006 -
  • 発想力・思考力を育てる教育の方法(研究代表者、高橋亘)
    2005 -
  • 大学生の潜在的学習能力を着実にのばす実証的研究(研究代表者、最上多美子)
    2005 -
more...
Education (4):
  • - 1989 ウイスコンシン大学大学院(University of Wisconsin-Madison) 発達心理学
  • - 1989 University of Wisconsin-Madison Human Development, Developmental Psychology(Major), Educational Psychology(Minor)
  • - 1979 Kyoto Prefectural University
  • - 1979 Kyoto Prefectural University
Professional career (3):
  • Ph. D.(Doctor of Philosopy) (University of Wisconsin-Madison)
  • M. S. (Master of Science) (University of Wisconsin-Madison)
  • Master of Science of Living (Osaka City University)
Work history (5):
  • 1989 - 1991 米国ウィスコンシン大学社会事業学部 准研究員
  • 1989 - 1991 University of Wisconsin-Madison, Associate Researcher
  • 1984 - 1989 米国ウィスコンシン大学看護学部 特別研究員
  • 1984 - 1989 米国ウィスコンシン大学看護学部 助手
  • 1984 - 1989 University of Wisconsin-Madison, Project Assistant
Committee career (1):
  • 2002 - 2004 発達心理学会 編集委員
Association Membership(s) (10):
発達心理学会 ,  (Society for Research in Child Development) ,  SRCD ,  (American Psychological Association) ,  APA ,  (Association for Psychological Science) ,  APS ,  SRCD (Society for Research in Child Development) ,  APS (American Psychological Society) ,  APA (American Psychological Association)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page