Rchr
J-GLOBAL ID:200901074551383263   Update date: Nov. 02, 2015

Ishii Masatoshi

イシイ マサトシ | Ishii Masatoshi
Homepage URL  (1): http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00012202.html
Research field  (1): History - Japan
Research keywords  (2): 日本古代史 ,  Japanese History
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2008 - 日本古代対外関係史の研究(日本古代の国際関係について、主に唐・宋・渤海等との関係を中心にして研究を進めている。)
MISC (86):
  • 至元三年・同十二年の日本国王宛クビライ国書について. 紀要 史学. 2014. 59. 1-40
  • 年未詳五月十四日付源頼朝袖判御教書案について. 中央史学. 2014. 37. 23-41
  • 『日本書紀』隋使裴世清の朝見記事について. 藝林. 2012. 61. 1. 43-76
  • 石井 正敏. 貞観11年(869)の天災と外寇. 中央史学. 2012. 35. 13-20
  • 石井 正敏. 歴史手帖 印象に残る印章の話--岩村藩版『慶安御触書』の印. 日本歴史. 2011. 757. 34-37
more...
Books (28):
  • 遣唐使以後の渡航者とその出国手続きについて
    中央大学人文科学研究所編『島と港の歴史学』 2015
  • 「武家外交」の誕生
    NHK出版 2013
  • 歴史学研究会編『震災・核災害の時代と歴史学』
    青木書店 2012
  • 『日本の対外関係』2 律令国家と東アジア
    吉川弘文館 2011
  • 『日本の対外関係』2 律令国家と東アジア
    吉川弘文館 2011
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 渤海の政治と経済ー渤海の商人と営州・幽州
    (東アジア異文化間交流史研究会第1回国際研究会議,東アジア異文化間交流史研究会 2003)
  • 寛平六年の遣唐使計画と新羅の海賊
    (シンポジウム「9世紀東アジアの交流と日本」 2000)
  • 日本海をめぐる国際関係-特に古代を中心として-
    (草のみどり,中央大学父母連絡会 1995)
  • 日本海をめぐる国際関係-特に古代を中心として-
    (草のみどり,中央大学学員会青森県支部 1994)
Works (2):
  • 平安時代の日本と東アジア-入宋僧の活動を中心に-
    2005 -
  • 日中・日朝関係研究文献の解析的研究
    1994 -
Education (2):
  • - 1975 Chuo University
  • - 1975 Chuo University
Work history (10):
  • 2009/04 - 2015/03 Chuo University The Institute of Cultural Sciences
  • 2004/04 - 2005/03 Kyushu University Graduate School of Humanities
  • 2004/04 - 2005/03 Waseda University Graduate School of Letters, Arts and Sciences
  • 2003/09 - 2004/03 東京大学大学院文学研究科非常勤講師
  • 1998/04 - 2000/03 Keio University Faculty of Letters
Show all
Committee career (4):
  • 1996 - 日本古文書学会 理事
  • 1988 - 日本歴史学会 評議員
  • 1987 - 法政史学会 評議員
  • 1987 - 中央史学会 理事
Association Membership(s) (9):
朝鮮史研究会 ,  唐代史研究会 ,  東方学会 ,  朝鮮学会 ,  木簡学会 ,  日本歴史学会 ,  法政史学会 ,  日本古文書学会 ,  中央史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page