Rchr
J-GLOBAL ID:200901075438497496   Update date: Aug. 25, 2020

Sakai Nobuhiro

サカイ ノブヒロ | Sakai Nobuhiro
Affiliation and department:
Job title: assistant
Homepage URL  (1): http://www10.showa-u.ac.jp/~dpharmc/
Research field  (1): Oral medicine
Research keywords  (7): 歯牙形成 ,  機能系基礎歯科学 ,  メカニカルストレス ,  骨代謝 ,  cell prolifaration ,  cell culture ,  mechanical stimulation
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 2019 コレステロールアシル転移酵素を標的とした炎症性骨破壊抑制方法の開発
  • 2005 - 2007 細胞融合および細胞浸潤過程における細胞内オステオポンティンの役割
  • 2002 - 2004 破骨細胞の分化誘導過程でのオステオポンチンとCD44の役割に関する研究
  • 2001 - 2003 血管内皮増殖因子の破骨細胞誘導・活性化に及ぼす影響に関する研究
  • 2000 - 2002 骨代謝機構におけるNa+依存性イオントランスポーターの機能解析
Show all
Papers (24):
more...
MISC (15):
Books (2):
  • 解る!歯科薬理学 第3版
    学健書院 2019
  • Effects of Mechanical Stimulation on Cultured Cells in a Collagen Gel matrix.
    Biological Mechanisms of Tooth Movement and Craniofacial Adaptation 1996
Lectures and oral presentations  (65):
  • 光-電子相関顕微鏡法(CLEM)と集束イオンビーム走査電子顕微鏡(FIB-SEM)を用いた破骨細胞の三次元構造解析により示唆させる新たな骨吸収機構
    (日本顕微鏡学会第62回シンポジウム 2019)
  • 関節リウマチにおける Hepatocyte growth factor (HGF) / c-METシグナルは単球遊走を介して炎症性骨破壊を促進する
    (第6回JCRベーシックリサーチカンファレンス 2019)
  • 光-電子相関顕微鏡法(CLEM)と Focused Ion Beam Scanning Electron Microscope (FIB-SEM)を用いた破骨細胞の超微細立体構造の解析
    (第37 回日本骨代謝学会学術集会 2019)
  • 脂質異常症モデルマウスは切歯象牙質の肥厚と骨密度の減少を呈する
    (第61回日本歯科基礎医学会 2019)
  • 脂質異常症モデルマウスは切歯象牙質の肥厚と骨量減少を呈する
    (Journal of Oral Biosciences Supplement 2019)
more...
Professional career (1):
  • Doctor(dentistry) (Showa University)
Work history (1):
  • 2016 - 現在 歯学部 歯科薬理学 講師
Association Membership(s) (5):
JAPANESE DENTAL EDUCATION ASSOCIATION ,  JAPANESE SOCIETY FOR BONE AND MINERAL RESEARCH ,  昭和歯学会 ,  日本薬理学会 ,  日本歯科基礎医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page