Rchr
J-GLOBAL ID:200901075561495074   Update date: Aug. 27, 2020

HOTTA KYOUKO

ホッタ キョウコ | HOTTA KYOUKO
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research keywords  (8): 台湾油症問題 ,  カネミ油症問題 ,  新潟水俣病問題 ,  環境運動 ,  棚田保全 ,  自然保護問題 ,  克服過程 ,  公害問題
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2016 - 2019 日本と台湾の油症被害者の受容克服過程と救済制度、環境運動の比較環境社会学的研究
  • 2015 - 2018 環境リスク認知の社会的構築と変容、リスクの政策化の環境社会学的比較研究
  • 2013 - 2016 油症事件の被害構造と油症被害者の受容克服過程に関する社会学的研究
  • 2011 - 2015 日本及びアジア・太平洋地域における環境リスクと環境的公正の比較環境社会学的研究
  • 2012 - 2013 食品公害問題と救済制度に関する環境社会学的研究
Show all
Papers (25):
  • 堀田 恭子, 塩川 梨央, 丸山 未来. 姨捨棚田オーナー制度の維持可能性 : 体験オーナーと名月会会員への社会学的調査から. 棚田学会誌. 2019. 20. 90-102
  • 食品公害問題の被害構造ーカネミ油症事件を事例にー. 立正大学文学部論叢. 2018. 141. 91-120
  • PCB Cooking Oil Contamination in Taiwan. Research on Environmental Disruption. 2017. 47. 1. 48-54
  • 台湾油症事件に関する調査研究レビュー. 立正大学文学部研究紀要. 2016. 32. 23-36
  • 平成25年度在外短期研修員研修成果報告 海外調査着手報告 : 台湾油症事件に関する環境社会学的調査. 立正大学文学部論叢. 2015. 138. 139-155
more...
MISC (6):
  • 木村和弘著『棚田の保全と整備』. 棚田学会誌. 2018. 19. 122-124
  • 台湾油症政策にみる「被害」(上). 2018. 1/2月号. 6-7
  • 阿賀の風景が浮かび上がる. 図書新聞. 2017. 3304. 3
  • 中島貴子, 宇田和子. 油症事件の被害構造と油症被害者の受容克服過程に関する社会学的研究 (2013-2015年度科学研究費補助金 研究成果報告書)(課題番号2538705). 2016. 1-91
  • 「東日本大震災・原発事故以後の生活と環境意識についての調査」報告書(科研基盤研究B 研究成果報告書). 2014
more...
Books (14):
  • 棚田学入門
    勁草書房 2014
  • 新版キーワード地域社会学
    2011
  • 環境社会学
    弘文堂 2011
  • よくわかる環境社会学
    ミネルヴァ書房 2009
  • 現代社会学のアジェンダ 増補版
    学文社 2009
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • Food Contamination Health Damage and the Sufferers' and the Supporters' Movements -A Comparative Study of PCB Contaminated Rice Oil Cases in Taiwan and in Japan-
    (International Symposium on Environmental Sociology in East Asia 2017)
  • 公害被害者の顕在化と環境運動ー新潟水俣病・油症事件から制度構築を考える
    (環境三学会合同シンポジウム 2017)
  • 食品公害問題における被害構造
    (神戸大学 2014)
  • よそ者・若者たちの棚田へのまなざし〜社会調査実習の現場から〜
    (早稲田大学 2013)
  • 新潟水俣病問題の社会学的研究
    (2013)
more...
Education (3):
  • 1990 - 1996 Hosei University
  • 1988 - 1990 Hosei University
  • 1984 - 1988 Hosei University
Professional career (3):
  • 博士(社会学) (法政大学大学院)
  • 社会学士 (法政大学)
  • 社会学修士 (法政大学大学院)
Work history (5):
  • 2018/04/01 - 現在 Rissho University Faculty of Letters, Department of Sociology
  • 2007/04/01 - 2018/03/31 Rissho University Faculty of Letters, Department of Sociology
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 Rissho University Faculty of Letters, Department of Sociology
  • 2000/04 - 2006/03 Assistant Professor
  • 1996/04 - 2000/03 長野県自然保護研究所 人文・社会担当 技士
Committee career (19):
  • 2017/04/01 - 現在 カリキュラム委員
  • 2013/08 - 現在 棚田学会 棚田学会評議員
  • 2018/04/01 - 2020/03/31 キャリアサポート運営委員
  • 2017/06 - 2019/06 Emvironmental Sociology
  • 2017/06 - 2019/06 環境社会学会 国際交流委員
Show all
Association Membership(s) (5):
日本社会学会 ,  関東社会学会 ,  Emvironmental Sociology ,  棚田学会 ,  地域社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page