Rchr
J-GLOBAL ID:200901076209356036   Update date: Aug. 29, 2020

Midori Hasegawa

ハセガワ ミドリ | Midori Hasegawa
Affiliation and department:
Research field  (1): Nephrology
Research keywords  (9): 急速進行性糸球体腎炎 ,  アフェレシス ,  hemodialysis ,  Cell-free and Concentrated Ascites Reinfusion Therapy ,  kidney transplantation ,  biomarker ,  vascular calcification ,  vitamin K ,  ANCA associated vasculitis
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2016 - 2018 癌性腹水症に対する腹水精製ディバイスの作成と携行式連続腹水精製灌流法の確立継続中
  • 2015 - 2018 生体腎移植ドナーの安全性確保のための,新しい分腎機能評価法の確立
  • 2015 - 2017 敗血症における腎血流と糸球体濾過量のダイナミックCTによる評価
Papers (59):
more...
MISC (62):
Books (6):
  • 今日の治療指針2019
    医学書院 2019
  • こんな時どうすれば?内分泌・脂質・尿酸コンサルタント
    金芳堂 2018
  • エビデンスに基づくネフローゼ症候群診療ガイドライン2017
    東京医学者 2017
  • 外来診断NAVI
    中外医学社 2017
  • 臨床腎臓内科学
    南江堂出版 2013
more...
Lectures and oral presentations  (268):
  • 血液透析を導入し著明な代謝性アシドーシスの是正に伴い、血圧低下が改善した末期腎不全の1例
    (日本透析医学会雑誌 2016)
  • APS-SAからVPS-HAに変更後の調査報告
    (日本透析医学会雑誌 2016)
  • 腹水濾過濃縮再静注法(CART)における総蛋白、アルブミン、グロブリン回収率の比較検討
    (日本透析医学会雑誌 2016)
  • 血清アルブミンの還元能改善法の検討
    (日本透析医学会雑誌 2016)
  • 直腸癌再発により肺動脈腫瘍塞栓症を来たした血液透析患者の一剖検例
    (日本透析医学会雑誌 2016)
more...
Education (2):
  • 1988 - 1992 藤田保健衛生大学大学院 医学研究科
  • 1980 - 1986 藤田保健衛生大学医学部
Professional career (1):
  • 医学博士
Work history (4):
  • 2018/10 - 現在 Fujita Health University School of Medicine
  • 2014/06 - 2018/09 藤田保健衛生大学医学部腎内科学 臨床教授
  • 2007/04 - 2014/05 藤田保健衛生大学医学部腎内科学 准教授
  • 1998/04 - 2007/03 藤田保健衛生大学医学部腎内科学 講師
Committee career (2):
  • - 現在 一般社団法人日本腎臓学会 男女共同参画委員会委員
  • - 現在 一般社団法人日本腎臓学会 教育・専門制度委員会委員
Awards (1):
  • 2012 - 愛知県医師会難病研究者
Association Membership(s) (11):
ERA-EDTA ,  International Society of Nephrology ,  American Society of Nephrology ,  JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY ,  THE JAPAN SOCIETY FOR TRANSPLANTATION ,  日本臨床腎移植学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR DIALYSIS THERAPY ,  THE JAPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE ,  日本アフェレシス学会 ,  日本腎臓学会 ,  International Society For Apheresis
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page