Rchr
J-GLOBAL ID:200901076498435488   Update date: Nov. 22, 2022

Imai Hiroyuki

Imai Hiroyuki
Research field  (4): Molecular biochemistry ,  Molecular biochemistry ,  Food sciences ,  Plants: molecular biology and physiology
Research keywords  (9): Lipidmics ,  Plant Cell technology ,  機能性食品素材 ,  脂質代謝 ,  LC-MS/MS ,  脂質シグナル ,  セラミド ,  スフィンゴ脂質 ,  sphingolipid
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2021 - 2022 新型コロナウイルスの治療薬開発およびウイルス研究に有用な機能性脂質の探索
Papers (18):
more...
MISC (16):
Books (10):
  • 生物由来の油に関する文理融合型研究の推進
    甲南大学総合研究所 2021
  • セラミド研究の新展開 : 基礎から応用へ(セラミド研究会 編集)
    食品化学新聞社 2019 ISBN:9784916143358
  • ベーシックマスター植物生理学 (第9章 糖と脂質の代謝)
    オーム社 2009
  • ベーシックマスター 植物生理学 「第9章 糖と脂質の代謝」
    オーム社 2009 ISBN:9784274206634
  • シロイヌナズナS1Pリアーゼの機能解析
    脂質生化学研究、日本脂質生化学会 2007
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 植物のスフィンゴイド塩基はSARS-CoV2スパイクタンパク質とACE2受容体タンパク質との結合を阻害する
    (第95回日本生化学会大会 2022)
  • 廃棄キノコを利用した、植物由来フリーセラミドの素材化
    (第15回セラミド研究会学術集会 2022)
  • 植物スフィンゴ脂質のMALDI-TOF/MS分析
    (第15回セラミド研究会学術集会 2022)
  • キノコ類の酵素液を利用した植物からの遊離セラミドの生産
    (第13回セラミド研究会 学術集会)
  • 食用キノコの自己消化反応を利用した植物からの遊離セラミドの生産
    (日本油化学会第59回年会)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (総合研究大学院大学)
Work history (2):
  • 2013/04 - 現在 Konan University Faculty of Science and Engineering
  • 1993/05 - 1995/03 オハイオ州立マイアミ大学 博士研究員
Association Membership(s) (7):
セラミド研究会 ,  American Society of Plant Biologists ,  JAPAN SOCIETY FOR BIOSICENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY ,  日本植物脂質科学研究会 ,  日本生化学会 ,  日本植物生理学会 ,  日本植物バイオテクノロジー学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page