Rchr
J-GLOBAL ID:200901076511468080   Update date: Feb. 27, 2022

Nakagawa Tomoharu

ナカガワ トモハル | Nakagawa Tomoharu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.fit.ac.jp/research/search/profile/id/140
Research field  (2): New fields in law ,  International law
Research keywords  (8): artificial intelligence ,  Geographical Information Science ,  satellite imagery ,  Automatic Identification System (AIS) ,  International Law of the Sea ,  International Law ,  Remote Sensing ,  Geographic Information System
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2021 - 2024 外交文書データの国際法・外交研究への利活用の拡充に向けて
  • 2017 - 2021 外交データ分析に関する人工知能(AI)の開発に向けて
  • 2020 - 2021 国際法研究における衛星リモートセンシングデータの可視化技術の利活用による国際紛争研究への応用
  • 2018 - 2019 「外交データ分析に関する人工知能(AI)の開発に向けて」の基礎的な研究
  • 2017 - 2018 地理情報システムを利用したグローバルな船舶位置情報のモデル化による国際海洋法研究
Show all
Papers (8):
more...
MISC (8):
  • 中川 智治. 寄港国管轄権に関する一考察ー欧州における刑事罰化の動きを中心にー. 九州国際法学会年報 2007・2008・2009・2010・2011. 2013. 38・39・40・41・42. 33-37
  • 中川 智治. 1920年スピッツベルゲン条約についての一考察. 九州国際法学会年報 2007・2008・2009・2010・2011. 2013. 38・39・40・41・42. 132-135
  • 中川 智治. 普遍的管轄権についての一考察. 九州国際法学会年報 2004・2005・2006. 2007. 35・36・37. 59-64
  • 中川 智治. 国連憲章下における国際責任の再編について. 九州国際法学会年報 2003. 2006. 34. 9-15
  • 中川 智治. Maurizio Ragazzi著「The Concept of International Obligations Erga Omnes」について」. 九州国際法学会年報 1999. 2000. 30. 13-18
more...
Lectures and oral presentations  (29):
  • 国際法学における位置データを含む外交データ分析の課題について
    (2020年度環境科学研究所 環境研究発表 2021)
  • 国際法分野における人工知能(AI)技術の利活用を巡る法的課題
    (令和元年度福岡工業大学研究成果報告会 2019)
  • 自動運航船の国際海洋法上の位置付けについて
    (環境研究発表2019 2019)
  • 無人船の国際海洋法上の位置付けについて
    (九州国際法学会、第185回例会 2019)
  • 衛星リモートセンシングに関する国際法について
    (環境研究発表会2019 2019)
more...
Education (4):
  • - 2004 九州大学大学院 公法学専攻 博士後期課程 修了
  • 1998 - 2001 九州大学大学院 公法学専攻 博士後期課程 単位修得退学
  • 1996 - 1998 九州大学大学院 公法学専攻 修士課程
  • 1991 - 1996 Kyushu University
Professional career (3):
  • Doctor of Laws (Kyushu University)
  • 修士(法学) (九州大学)
  • 学士(法学) (九州大学)
Work history (13):
  • 2019/04 - 現在 Fukuoka Institute of Technology
  • 2016/04 - 現在 Fukuoka Institute of Technology Faculty of Socio-Environmental Studies, Department of Socio-Environmental Studies Professor
  • 2015/04 - 2019/03 Fukuoka Institute of Technology Faculty of Socio-Environmental Studies, Department of Socio-Environmental Studies Head of Department of Socio-Environmental Studies
  • 2007/04 - 2016/03 Fukuoka Institute of Technology Faculty of Socio-Environmental Studies, Department of Socio-Environmental Studies Associate Professor
  • 2010/04 - 2011/03 The University of Kitakyushu Faculty of Law
Show all
Committee career (5):
  • 2017/07 - 現在 九州法学会 理事
  • 2017/06 - 2021/05 新宮町 情報公開・個人情報保護審査委員会委員
  • 2016/04 - 2021/05 新宮町 行政不服審査審査会委員
  • 2017/06 - 2018/05 OTO'18実行委員会 OTO'18 Technical Program Committee委員(Ocean and Space technology collaboration)
  • 2007/12 - 2017/10 九州国際法学会 幹事
Association Membership(s) (10):
Institute of Electrical and Electronics Engineers ,  THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE ,  THE REMOTE SENSING SOCIETY OF JAPAN ,  GEOGRAPHIC INFORMATION SYSTEMS ASSOCIATION OF JAPAN ,  日本海洋政策学会 ,  九州法学会 ,  日本沿岸域学会 ,  九州国際法学会 ,  JAPANESE SOCIETY OF INTERNATIONAL LAW ,  日本海洋政策研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page