Rchr
J-GLOBAL ID:200901076801982420   Update date: Mar. 15, 2021

Sugai Kazumi

スガイ カズミ | Sugai Kazumi
Affiliation and department:
Research field  (1): Japanese linguistics
Research keywords  (4): language education ,  grammatical case ,  cognitive linguistics ,  Japanese linguistics
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2022 言語獲得理論に基づく小学校英語教育の高度化学習プログラムの開発
  • 2016 - 2019 言語習得理論に基づく小学校英語教育のボトムアップ型学習モデルの構築
  • 2016 - 2017 言語の心理的・生理的・社会文化的基盤に関する検討会
  • 2015 - 2016 用法依存理論から見た小学校中学年に対する英語教育の可能性
  • 2014 - 2015 用法依存理論に基づく小学校英語教育の学習モデル構築
Show all
Papers (30):
  • 菅井三実. 〈文字通りでない意味〉の観点から見た物語読解と対人コミュニケーション. 米倉よう子・山本修・浅井良策(2020)『ことばから心へ-認知の深淵-』開拓社. 2020. 375-396
  • 菅井三実. 格の意味関係. 池上嘉彦・山梨正明[編]『認知言語学II (講座 言語研究の革新と継承5)』ひつじ書房. 2020. 169-196
  • 変化事象とヲ格の振る舞い. 日本認知言語学会論文集. 2017. 17
  • 日本語におけるニ格の起点用法に関する認知言語学的分析. KLS (関西言語学会). 2011. 31. 24-35
  • 言語研究の複雑系的シナリオ. 月刊 言語 (大修館書店). 2009. 38. 10. 54-59
more...
MISC (6):
  • 菅井三実. 文章作成指導へ言語学的アプローチ. 月刊 兵庫教育. 2014. 平成26年3月号. 28-31
  • 菅井三実. 小学校国語科教科書における視覚情報の類型化. 中研紀要 教科書フォーラム. 2012. 10. 32-43
  • 菅井三実. 英語教員のための日本語文法のメタ知識. 第4回ことばと教育研究助成事業研究成果論文集. 2010. 124-125
  • 菅井三実. 言語活動の充実と実践上の課題. 別冊教職研修. 2008. 第9号(2008年5月号). 20-23
  • Prolegomena to the Constructional Schema Theory. Nagoya Studies in Humanities. 1993. 22. 33-50
more...
Books (13):
  • The Language Myth: Why Language Is Not an Instinct
    2021
  • 認知言語学大事典
    朝倉書店 2019 ISBN:9784254510584
  • 日本語学大辞典 = The encyclopedia of Japanese linguistics
    東京堂出版 2018 ISBN:9784490109009
  • 人はことばをどう学ぶか : 国語教師のための言語科学入門
    くろしお出版 2015 ISBN:9784874246658
  • 新編認知言語学キーワード事典
    研究社 2013 ISBN:9784767434766
more...
Education (3):
  • 1992 - 1993 Nagoya University
  • 1990 - 1992 Nagoya University
  • 1986 - 1990 Nagoya University
Professional career (1):
  • Master of Literature (Nagoya University)
Work history (5):
  • 2015 - 現在 Hyogo University of Teacher Education
  • 2007 - 2015 Hyogo University of Teacher Education
  • 2005 - 2007 Hyogo University of Teacher Education
  • 1999 - 2005 Hyogo University of Teacher Education
  • 1993 - 1999 Nagoya University School of Letters
Committee career (4):
  • 2016/09 - 現在 日本認知言語学会 副会長
  • 2013/09 - 現在 日本認知言語学会 編集委員
  • 2016/04 - 2019/03 日本語文法学会 学会誌編集委員
  • 2016 - 2017 日本学術振興会科学研究費助成事業第1段審査(書面審査)委員
Association Membership(s) (4):
日本語文法学会 ,  日本認知言語学会 ,  関西言語学会 ,  日本言語学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page