Rchr
J-GLOBAL ID:200901077260817583   Update date: Mar. 18, 2017

Terada Kyoko

テラダ キョウコ | Terada Kyoko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Primary/secondary education and curricula ,  Social welfare
Research keywords  (5): 地域 ,  家族システム ,  関係性 ,  主体性 ,  子育て支援
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2015 - 2018 地域が取り組む親と子の主体性育成を目的とする『しつけ』に関する研究
  • 2011 - 2012 「保育所型認定こども園の子育て支援に関する調査研究」
  • 2008 - 2012 -
  • 2009 - 2011 「親と子のあゆみはぐくむプロジェクト」
  • 2008 - 2009 西淀川区における世代を超えて子育てを応援する街づくり事業
Show all
Papers (10):
  • 寺田 恭子, 野原留美, 赤井綾美, 田宝敏美. 「子どもの主体性を育てる親の主体性分析に関する研究-親と子の関係性の視点から-」. 『プール学院大学研究紀要』. 2017. 57. 393-408
  • 寺田 恭子. 博士学位論文「親と子の主体性育成を目的とする子育て支援に関する研究」. 関西福祉科学大学大学院. 2016
  • 寺田 恭子, 原博美, 福田留美, 藤本聖子. 「子育て支援活動に取り組む親の主体性に関する研究-個と関係性に着目して-」. 『プール学院大学研究紀要』. 2014. 55. 91-105
  • 寺田 恭子, 赤井綾美, 小杉知江, 藤崎亜由子, 榊原志保. 「『子どもの主体性を育てる』地域における子育て支援の課題~親と子の関係性に着目した『しつけ』への取り組み~」. 『保育学研究』日本保育学会. 2014. 52. 3. 69-80
  • 寺田 恭子, 榊原志保, 藤崎亜由子, 赤井綾美, 小杉知江. 「『親と子の主体性が育ち合う』保護者支援の課題-保護者と保育士による『子どもへの肯定的まなざし』の共有化に向けた取り組みから-」. 『保育士養成研究』全国保育士養成協議会. 2014. 31. 31-40
more...
Books (8):
  • 『保育・教職実践演習』(刊行予定)
    ミネルヴア書房 2018
  • 『国際堺学を学ぶ人のために』
    世界思想社 2012
  • 『異文化間協働』
    アカデミア出版会 2011
  • 『社会福祉形成史と現状課題』
    学文社 2009
  • 『-実践から学ぶ-子どもと家庭の福祉』
    保育出版社 2008
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • 「子どもの自尊感情をはぐくむしつけ」
    (和泉市立緑が丘小学校保健委員会研修 2017)
  • 「ゆりかごラーニング」の目的と役割
    (大阪市主任児童委員研修会 2017)
  • 「子どもの主体性をはぐくむ『しつけ』~親と子の関係性をふり返って」
    (堺市図書館研修会 2016)
  • 主体的な子どもを育てるための保育者の役割
    (阪南市保育所・幼稚園におけるリーダーシップ研修会 2016)
  • 子育てを楽しくするヒント2
    (泉大津市子ども家庭フォーラム 2015)
more...
Education (1):
  • 大阪市立大学後期博士課程単位取得退学 総合福祉・心理臨床科学講座
Work history (4):
  • - 現在 Poole Gakuin College
  • Poole Gakuin College
  • Osaka Seikei College
  • 法政大学女子高等学校家庭科専任教諭
Committee career (12):
  • 2017/03 - 現在 大阪市西区訪問型病児保育推進事業者選定委員 委員長
  • 2016/08 - 現在 大阪府母子保健運営協議会 委員
  • 2015/06 - 現在 大阪市子育ていろいろ便利帳委託業者選定会議 委員長
  • 2015/04 - 現在 大阪市一時保育預かり事業選定委員会 委員長
  • 2013/09 - 現在 泉佐野市子ども・子育て会議 委員
Show all
Association Membership(s) (4):
THE JAPAN SOCIETY FOR CHILD STUDY ,  JAPAN SOCIETY OF RESEARCH ON EARLY CHILDHOOD CARE AND EDUCATION ,  THE JAPAN SOCIETY OF HOME ECONOMICS ,  JAPANESE SOCIETY FOR THE STUDY OF SOCIAL WELFARE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page