Rchr
J-GLOBAL ID:200901078084878399   Update date: Nov. 09, 2020

Saito Yuki

Saito Yuki
Affiliation and department:
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (5): 時効 ,  保証 ,  人的担保 ,  Protection of Surety ,  Personal Security
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 中小企業の早期再生促進と保証規制のあり方に関する比較法研究
  • 2014 - 人的担保の附従性に関する基礎的研究
  • 2012 - 保証人保護法理の深化と人的担保法の新たな展開
  • 2012 - 法を動かす力を持つ社会の変遷と人的保証パラダイムの変容
  • 2005 - 2009 保証制度
Show all
Papers (79):
  • ジャン=ジャック・アンソー(片山直也=齋藤由起/共訳). 【翻訳】2017年フランス担保法改正準備草案に関する一考察. 法學研究. 2020. 93. 8. 85-117
  • 齋藤由起. 保証人に対する情報提供義務. 法学教室. 2020. 478. 23-29
  • Yuki SAITO. La prescription extinctive en droit japonais. Keita Baba, Frédéric Bicheron, Romain Boffa, Bernard Haftel, Mustapha Mekki, Tetsushi Saito et Kazuma Yamashiro, Droit civil japonais : Quelle(s) réforme(s) à la lumière du droit français ?, LGDJ-Lextenso. 2020. 151-166
  • 齋藤由起. 「分別の利益に関する一考察」. 阪大法学. 2019. 69. 3・4. 677-701
  • 齋藤由起. 「フランスにおける自然人保証規制の多層的展開--「自然人保証人」の法、「他人の債務のための担保」の法への収斂?」. 日仏法学. 2019. 30. 51-71
more...
MISC (14):
  • 荻野奈緒, 馬場圭太, 齋藤由起, 山城一真, 共訳. 【翻訳】フランス債務法改正オルドナンス(2016年2月10日のオルドナンス第131号)による民法典の改正. 同志社法学. 2017. 69. 1. 279-331
  • ムスタファ メキ(吉田克己, 齋藤由起訳. 「契約の諸機能と一般利益-契約化現象に関する若干の考察」. 新世代法政策学研究. 2009. 1. 157-206
  • 齋藤由起. 翻訳「ドイツ民法典」(時効部分). 金山直樹編『消滅時効法の現状と改正提言』(別冊NBLNo. 122). 2008. 235-242
  • 齋藤由起. 「時効と人的担保--民法434条による連帯債務の時効中断について」. 金山直樹編『消滅時効法の現状と改正提言』(別冊NBLNo. 122). 2008. 114-123
  • 齋藤由起. 「ドイツの新消滅時効法--改正時の議論を中心に」. 金山直樹編『消滅時効法の現状と改正提言』(別冊NBLNo. 122). 2008. 122. 156-164
more...
Books (5):
  • 改正債権法コンメンタール
    法律文化社 2020
  • 債権総論
    日本評論社 2018 ISBN:9784535806825
  • 民法理論の対話と創造
    日本評論社 2018 ISBN:9784535523692
  • プロセス講義民法IV債権1
    信山社 2016 ISBN:9784797226553
  • 「基本講座民法1(総則・物権)」
    信山社 2011 ISBN:9784797285710
Lectures and oral presentations  (2):
  • 「世界の時効法の動向 報告IVドイツ消滅時効法-急進的改正のフロントランナー」
    (2008年度比較法学会 ミニ・シンポジウム(於大阪大学,2008年6月8日) 2008)
  • 「近親者保証の実質的機能と保証人の保護」
    (日本私法学会第70回大会個別報告(於大阪市立大学,2006年10月8日) 2006)
Education (3):
  • - 2005 Hokkaido University
  • - 2002 Kanazawa University
  • - 2000 Kanazawa University
Work history (2):
  • 2014/04 - 現在 Osaka University Graduate School of Law and Politics
  • 2010/04/01 - 2014/03/31 Osaka University Osaka University Law School Associate Professor
Association Membership(s) (3):
日仏法学会 ,  比較法学会 ,  日本私法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page