Rchr
J-GLOBAL ID:200901078366788015   Update date: Sep. 02, 2020

Kato Keitaro

カト ケイタロウ | Kato Keitaro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.flku.jp/https://www.flku.jp/english/
Research field  (1): Aquaculture
Research keywords  (2): 水産増殖学 ,  Science of Aquaculture
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2008 - 腸内細菌によるマダイのエドワジェラ症予防
  • 2008 - 日長調節による海水養殖魚の成熟抑制に関する研究
  • 2002 - 2006 グロマグロの成熟・産卵に関する研究
  • 2002 - 2006 Study on reproduction of bluefin tuna
  • クロマグロの初期発育と種苗生産に関する研究
Show all
Papers (62):
MISC (29):
Books (11):
  • Advances in Tuna Aquaculture from Hatchery to Market
    Elsevier 2015
  • メジナ 釣る? 科学する?
    恒星社厚生閣 2011
  • 食のバイオ計測の最前線-機能解析と安全・安心の計測を目指して-
    シーエムシー出版 2011
  • 水産物の色素-嗜好性と機能性
    恒星社厚生閣 2008
  • 水産増養殖システム4 アトラス
    恒星社厚生閣 2007
more...
Lectures and oral presentations  (32):
  • マアナゴ天然魚と養殖魚との美味しさの比較
    (平成29年度日本水産学会春季大会 2017)
  • Increment of Skeletal Muscle Mass by CRISPR/Cas9 Genome Editing System in Red Sea Bream (Pagrus major)
    (Aquaculture Europe 2016 2016)
  • ゲノム編集による海水養殖魚の品種改良とその産業化に向けた課題
    (平成28年度日本水産学会秋季大会 2016)
  • アナゴ・サクラマス
    (平成28年度日本水産学会秋季大会水産増殖懇話会第2回講演会「魚類養殖の新たしいビジネスモデル」 2016)
  • 海水魚の完全養殖とその産業化
    (生物工学若手研究者の集い 夏のセミナー2014 2014)
more...
Works (21):
  • 食資源動物の科学
    1997 - 2001
  • 海水養殖魚におけるトランスジェニック技術の開発
    2000 -
  • 染色体操作によるクローンマダイの作出
    1998 -
  • Production of cloned red sea bream by chromosme manipulation
    1998 -
  • マダイの性統御に関する研究
    1997 -
more...
Professional career (1):
  • Doctor(Agriculture) (Kindai University)
Committee career (4):
  • 2015/04 - 現在 日本水産増殖学会 評議員
  • 2013/04 - 現在 日本水産学会 近畿支部幹事
  • 2018/04 - 2020/03 日本水産学会 理事
  • 2009/04 - 2015/03 日本水産学会 - 編集委員
Association Membership(s) (4):
日本生物工学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本水産増殖学会 ,  日本水産学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page