Rchr
J-GLOBAL ID:200901082155842568   Update date: Jan. 10, 2020

Ueda Koichiro

ウエダ コウイチロウ | Ueda Koichiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research keywords  (1): Dysphagia Rehabilitation
Papers (63):
  • 植田耕一郎. 要介護高齢者への摂食嚥下リハビリテーション. 障害者歯科. 2015. 36. 1. 1-3
  • 植田耕一郎. 摂食嚥下リハビリテーションと歯科. 老年歯学. 2015. 30. 2. 59-59
  • 奥山秀樹,三上隆浩,植田耕一郎. 胃瘻の造設および転帰に関する実態調査. 老年歯学. 2014. 28. 4. 352-360
  • Hisao Hiraba, Motoharu Inoue, Kanako Gora, Takako Sato, Satoshi Nishimura, Masaru Yamaoka, Ayano Kumakura, Shinya Ono, Hirotsugu Wakasa, Enri Nakayama, Kimiko Abe, Koichiro Ueda. Facial Vibrotactile Stimulation Activates the Parasympathetic Nervous System: Study of Salivary Secretion, Heart Rate, Pupillary Reflex, and Functional Near-Infrared Spectroscopy Activity. BioMed Research International. 2014
  • 植田耕一郎,向井美惠,森田学,菊谷武,渡邊裕,戸原玄,阿部仁子,中山渕利,三瓶龍一,島野嵩也,岡田猛司,鰕原賀子,石山寿子. 摂食・嚥下障害に対する軟口蓋挙上装置の有効性. 日本摂食・嚥下リハビリテーション学会雑誌. 2013. 17. 1. 13-14
more...
MISC (3):
  • 植田耕一郎. 健康長寿の支援-おいしく、楽しく、美しく 摂食機能の実力-、. 日本アンチエイジング歯科学会. 2017. 10
  • 植田耕一郎. 摂食嚥下リハビリテーションにおける医科と歯科に融和〜急性期から維持期(生活期)にかけて病態の変遷に伴う口腔ケア〜,. 日本リハビリテーション医学2017. 2017. 372-376
  • 植田耕一郎. かかりつけ歯科医時代の摂食機能療法と訪問診療. ザ・クインテッセンス. 2014. 33. 1. 90-99
Books (140):
  • 新介護予防時代に向けて 歯科衛生士が行う口腔機能の向上支援とは
    DH style 1997
  • 廃用により発症する歯周疾患.第40巻,2号,55-60
    老年歯学 2002
  • 口から食べることへの支援
    環境新聞社 2002
  • 嚥下障害を治す
    文光堂 2002
  • ブックレット 食べる
    新潟日報事業社 2002
more...
Lectures and oral presentations  (127):
  • 摂食・嚥下障害患者の口腔ケア
    (第9回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 2002)
  • 施設入所者の経管栄養に至る経緯に関する研究〜摂食・嚥下リハ介入時期の検討〜
    (第8回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 2002)
  • ピンポイントを付与した義歯による舌訓練のこころみ
    (第8回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会 2002)
  • 口底癌切除と放射線治療を受けた一症例における摂食・嚥下リハビリテーションの効果
    (平成14年度日本補綴歯科学会関越支部総会 2002)
  • 新潟大学歯学部卒前教育へのOSCEの導入
    (日本歯科医学教育学会 2002)
more...
Work history (4):
  • 1988/04 - 1990/05 日本大学歯学部 局部床義歯学講座
  • 1990/06 - 1999/03 東京都リハビリテーション病院 歯科
  • 1999/04 - 2004/03 新潟大学歯学部 加齢歯科学講座
  • 2004/04 - 日本大学歯学部 摂食機能療法学講座
Association Membership(s) (5):
日本公衆衛生学会 ,  日本歯科基礎医学会 ,  Japanese Gerodontorogy ,  Japanese Society for Disability and Oral Health ,  Japanese Society for Dyspfagia Rehabilitation
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page