Rchr
J-GLOBAL ID:200901082884916709   Update date: Mar. 05, 2021

Kawakubo Atsushi

カワクボ アツシ | Kawakubo Atsushi
Affiliation and department:
Job title: associate professor
Research field  (1): Geography
Research keywords  (7): 山村 ,  農産物貿易 ,  畜産業 ,  農業 ,  地理学 ,  Agriculture ,  Geography
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2017 - 2018 瀬戸内島嶼部におけるレモンを柱とした農業の6次産業化と地域振興ー「瀬戸内レモン」関連商品の開発と普及過程に注目して-
  • 2014 - 2017 TPP・コメ輸入圧力下における日本の稲作と農山村の再編方向に関する地理学的研究
  • 2010 - 2014 日本山村の地域存続力に関する研究-新たな山村像の構築を目指して-
  • 2011 - 2012 北海道十勝地方における肉用牛産地の成長と振興課題-グローバル経済下における「周辺地域」自立の観点から-
  • 2007 - 2011 グローバル経済下におけるわが国周辺地域の肉用牛生産の成長と自立
Show all
Papers (31):
more...
Books (10):
  • Trade Liberalization of Agricultural Products and Future of Agriculture in Japan : Beef, Oranges and Rice, from GATT Uruguay Round to TPP
    Tsukuba Shobo 2021
  • グローバリゼーションと日本の農産物
    朝倉書店 2020 ISBN:9784254168204
  • アメリカ合衆国へフィールドワークに行ってみよう
    昭和堂 2019
  • Setouchi Lemon:Arrival of the Boom, Sixth Industrialization and Island Revitalization
    2018
  • 産地形成
    2018
more...
Lectures and oral presentations  (12):
  • 攻めの農業と日本の果実輸出の現状
    (地域地理科学会大会 2018)
  • 「瀬戸内レモン」にみる農業の6次産業化の現状と課題
    (経済地理学会北東支部例会 2018)
  • 瀬戸内島嶼部におけるレモンを柱とした農業の6次産業化と地域振興
    (地域地理科学会大会 2017)
  • 米国・カリフォルニア州における稲作の地域的特徴と近年の動向-TPP大筋合意と対日輸出に絡めて-
    (人文地理学会大会 2016)
  • 長野県における新規就農支援事業の成果と課題
    (地域地理科学会大会 2016)
more...
Education (4):
  • - 1998 Okayama University
  • - 1998 Okayama University
  • - 1989 Okayama University
  • - 1989 Okayama University
Professional career (1):
  • 博士(文学) (広島大学)
Work history (5):
  • 2012/04 - 現在 Toyo University Faculty of Law
  • 1999 - 2003 Associate Professor, Faculty of Law and
  • 1999 - Shimane University Faculty of Law and Literature
  • 1989 - 岡山県公立高等学校教諭
  • Literature, Shimane University
Committee career (5):
  • 2016 - 現在 日本地理学会 代議員
  • 2014 - 現在 経済地理学会 評議員
  • 2013 - 現在 島根地理学会 理事
  • 2010 - 現在 経済地理学会 編集委員
  • 1998 - 現在 地域地理科学会 幹事
Awards (1):
  • 1998 - 地域地理科学会賞
Association Membership(s) (5):
地理科学学会 ,  地域地理科学会 ,  日本地理学会 ,  人文地理学会 ,  経済地理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page