Rchr
J-GLOBAL ID:200901084965768170   Update date: Aug. 28, 2020

Taeko Oka

オカ タエコ | Taeko Oka
Affiliation and department:
Research field  (4): Education - general ,  Education - general ,  Social welfare ,  Primary/secondary education and curricula
Research keywords  (8): 対面と遠隔のハイブリッド授業 ,  「笑い」と健康 ,  健康相談活動論 ,  SDGsを導入した授業 ,  COVID-19下の遠隔授業 ,  レリバンスの解明 ,  アクティブラーニングのプログラム開発 ,  福祉教育
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2013 - 現在 B型肝炎被害調査を通したQOL回復・向上に関する研究
  • 2013 - 現在 福祉系高校のレリバンスを高めるプログラム開発
  • 2009 - 現在 「社会福祉士及び介護福祉士法」改正による福祉系高校ルート,1800時間の新カリキュラム「人間と社会」「介護」「こころとからだの理解」の相互関連及び現場実習に関する批判的検証を行う
  • 2008 - 現在 集団予防接種によるB型肝炎感染被害者の生活困難と支援に関する研究
  • 2008 - 現在 welfare education
Show all
Papers (19):
more...
MISC (20):
Books (16):
  • 『青年期に福祉を学ぶ-福祉系高校の職業的及び教育的レリバンスー』
    学文社 2015 ISBN:9784762024962
  • 『高校福祉科卒業生のライフコース-持続する福祉マインドとキャリア発達-』
    ミネルヴァ書房 2008
  • 社会福祉基礎 : 指導資料
    実教出版 2007 ISBN:9784407311792
  • 『福祉教科教育法』
    ミネルヴァ書房 2004
  • 『「ひとり」を支える女性たち』
    学文社 2004
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • 福祉教育におけるアクティブラーニング
    (日本福祉教育・ボランティア学習学会全国大会 2017)
  • 福祉教育におけるアクティブラーニング
    (全国福祉高等学校長会全国大会 2017)
  • 福祉教育におけるアクティブラーニング
    (日本福祉教育・ボランティア学習学会全国大会 2016)
  • 日本における福祉系高校のレリバンス
    (21アジア太平洋ソーシャルワーク国際会議 2011)
  • 福祉系高校におけるミクロレベルのレリバンス-入学動機と実習・進路選択の適合性-
    (日本福祉教育・ボランティア学習学会 2010)
more...
Works (22):
  • <テキスト>『Welfare-福祉-』
    2014 -
  • <資料>「集団予防接種によるB型肝炎感染被害者遺族の悲嘆」
    三並めぐる 2013 -
  • 「福祉系高校における生徒の進路決定」
    2008 -
  • 高等学校福祉科に関するライフコース研究(科学研究費補助金事業)
    2007 -
  • 「福祉系高校における生徒の進路決定」
    2007 -
more...
Professional career (1):
  • 博士(社会福祉学) (東洋大学大学院)
Work history (2):
  • 2017/04 - Ningen Kankyou University Matsuyama Department of Nursing guest professor
  • 2009/04 - 2017/03 Nihon Fukushi University Faculty of Social Welfare
Committee career (2):
  • 2009/04 - 2017/03 日本社会福祉教育学校連盟 福祉教育委員
  • 2012/10 - 2015/10 日本福祉教育・ボランティア学習学会 特任理事
Association Membership(s) (6):
日本ヘルスカウンセリング学会 ,  いのちの教育学会 ,  日本福祉教育・ボランティア学習学会 ,  日本社会福祉学会 ,  日本社会医学会 ,  日本学校保健教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page