Rchr
J-GLOBAL ID:200901085539543346   Update date: Aug. 28, 2020

Aoi Yoshifumi

アオイ ヨシフミ | Aoi Yoshifumi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.chem.ryukoku.ac.jp/aoi/aoi_index_j.htmhttp://www.chem.ryukoku.ac.jp/aoi/aoi_index_e.htm
Research field  (4): Inorganic materials ,  Thin-film surfaces and interfaces ,  Inorganic compounds/materials chemistry ,  Basic physical chemistry
Research keywords  (7): Nano-materials ,  Electrochemistry ,  Ceramics ,  Inorganic materials ,  Thin films ,  Materials science ,  材料化学 薄膜 無機材料 セラミックス 電気化学 ナノ材料
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2018 - 2019 水素燃料電池普及に資する新規表面処理技術の研究開発
  • 2017 - 2018 金属材料の長寿命化に向けた炭素系薄膜による表面処理技術に関する調査研究
  • 2015 - 2017 ナノカーボンファイバーを用いた電気自動車用キャパシタ電極の開発
  • パルスレーザー堆積法による炭窒化ホウ素薄膜の合成と その構造・物性の系統的研究
  • 窒化炭素薄膜の創製素過程におよぼす低エネルギーイオンの 照射効果
Show all
Papers (117):
more...
MISC (61):
  • 青井芳史, 森正和. リチウムイオン電池の基礎とその安全性. 日本試験機工業会 広報誌「TEST」. 2018. 49
  • 青井芳史, 川端健一, 種岡一男, 坪田輝一. 浸炭処理と溶融塩法成膜技術の融合による金型の耐久性向上. MECHANICAL SURFACE TECH. 2013. 4. 19-21
  • 青井 芳史. 水溶液からの金属酸化物薄膜合成. WEB Journal. 2012. 2-5
  • 青井 芳史. 液相析出法による金属酸化物中空粒子及び3次元多孔体の作製. NTR NEWS. 2009. 38
  • 青井 芳史. 水溶液からの金属酸化物薄膜合成法 -液相析出法-. コンバーテック. 2008. 5. 52-57
more...
Patents (15):
  • コロイド結晶粒子の製造方法、およびコロイド結晶粒子
  • 貴金属微粒子を分散した酸化物皮膜の製造方法
  • 無機酸化物構造体及びその製造方法
  • バリア性積層体の製造方法
  • セパレータ、それを用いた固体高分子型燃料電池およびそのセパレータの製造方法
more...
Books (5):
  • 基礎から分かる電気化学(物質工学入門シリーズ)
    森北出版 2009 ISBN:9784627245419
  • 無機材料の表面処理・改質技術と将来展望 -金属、セラミックス、ガラス-
    2007 ISBN:9784882316978
  • ゾルーゲル法および有機-無機ハイブリッド材料 -構造制御・高性能化とその応用-
    2007 ISBN:9784861041792
  • ディスプレイ・光学部材における薄膜製造技術
    2007 ISBN:9784901677837
  • 機能性無機膜の製造と応用
    2006 ISBN:9784882315698
Lectures and oral presentations  (197):
  • Amino Modification of Amorphous Carbon Thin Films by Electrochemical Reduction of grafted Polyaryl Layer
    (2018)
  • Preparation of a-C Thin Film by ECR Sputtering Method and Its Surface Modification
    (2018)
  • Covalent Modification of Amorphous Carbon Thin Films by Carbene Addition and Subsequent Suziki-Miyaura Coupling
    (ACSIN-14 & ICSPM26 2018)
  • Amino M odification of A morphous C arbon T hin F ilms by E lectrochemical R eduction of E lectrografted P olyaryl L ayer
    (ACSIN-14 & ICSPM26 2018)
  • APPLICATION OF SrCuSeF AND ITO BILAYER OHMIC TUNNEL JUNCTION AS HOLE TRANSPORT LAYER FOR PEROVSKITE SOLAR CELLS
    (PVSEC-27 2017)
more...
Education (5):
  • - 1997 Kobe University
  • - 1994 Kobe University
  • - 1992 Kobe University
  • - 1992 Kobe University
  • - 1990 Nara National Collage of Technology Department of Chemical Engineering
Professional career (1):
  • Others
Association Membership(s) (9):
日本材料学会 ,  日本セラミックス協会 ,  アメリカ電気化学会(The Electrochemical Society) ,  応用物理学会 ,  電気化学会 ,  日本化学会 ,  American Vacuum Society ,  Materials Research Society ,  日本真空協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page