Rchr
J-GLOBAL ID:200901085716885562   Update date: Oct. 26, 2021

Takehana Kazushige

タケハナ カズシゲ | Takehana Kazushige
Affiliation and department:
Research field  (3): Veterinary medicine ,  Veterinary medicine ,  Veterinary medicine
Research keywords  (2): 獣医解剖学 ,  Veterinary Anatomy
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 十二指腸腺の機能について
  • 細胞外マトリックスに関する研究
  • ウシ妊娠黄体に関する研究
  • 十二指腸腺の比較形態学的研究
  • Functional conversion of duodenal glands
Show all
Papers (128):
more...
MISC (116):
  • 山田未知, 幸可奈子, 松井知聖, 岩崎智仁, 長谷川靖洋, 竹花一成, 杉山慎治, 蛯原哲也, 小山洋一, 小山洋一, et al. Effect of feeding diets containing collagen casing to fattening pigs from the growing stage on growth rate, meat production, and serum composition. 北海道畜産草地学会報. 2021. 9
  • 竹花 一成. 未来の畜産を支える人材の育成-持続可能な畜産を支える人材を酪農学園大学はどう育成するのか-. 畜産コンサルタン ト. 2020. 56. 667
  • 竹花 一成. 獣医学教育の国際認証について. 獣医学振興. 2019. 8. 1-2
  • 竹花 一成. 酪農学園も削蹄を応援しています. 蹄. 2018. 263. 1-1
  • 蝸牛の種差に関する鋳型樹脂標本を用いた研究, 城戸大樹, 高橋直紀, 広瀬拓哉, 福富彰, 植田弘美, 白石治恵, 竹花一成. 蝸牛の種差に関する鋳型樹脂標本を用いた研究. Reseach of One Health. 2017
more...
Books (33):
  • 専門教育への期待 人類の明日をつくる農業を学ぶ若き人達へ
    実務出版株式会社 2017
  • 獣医組織学(第七版)
    学窓社 2017
  • 書いて覚える 塗って身につく 動物解剖学のノート
    講談社サイエンティフィック 2016
  • カラーアトラス獣医解剖学増補改訂第2版上巻、下巻(訳本)
    チクサン出版社 2016
  • 猫の解剖カラーリングアトラス
    学窓社 2014
more...
Lectures and oral presentations  (23):
  • 酪農学園大学における取組について
    (日本私立大学協会北海道支部 2019)
  • コラーゲンペプチド摂取のアキレス腱と筋膜、皮膚、脂肪組織への作用
    (食品開発展2018 2018)
  • 開かれた教職協働の道を行くあらためて考えてみる大学で働くということ -真の教職協働の実現に向けて-
    (大学行政管理学会 第47回北海道地区研究会 2018)
  • 新型エーラス・ダンロス症候群の皮膚病理解析から得た脆弱な皮膚のcollagen fibrilと糖鎖の構造
    (平成29年度公益社団法人日本顕微鏡学会北海道支部学術講演会 2017)
  • Morphometric analysis of the growing tenocytes in superficial digital flexor tendon of piglets
    (第160回日本獣医学会学術集会 2017)
more...
Works (3):
  • 結合組織疾患の発症予防・治療におけるコラーゲンププチド摂取の効果
    2003 -
  • 高脂血症・肥満モデルラットに対する酢酸長期投与の影響に関する研究
    2000 -
  • ポラプレジンクのHericobacter Pylori由来ウレアーゼに対する阻害作用
    1998 -
Education (4):
  • - 1980 Rakuno Gakuen University
  • - 1980 Rakuno Gakuen University
  • - 1978 Rakuno Gakuen University
  • - 1978 Rakuno Gakuen University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Rakuno Gakuen University)
  • (BLANK)
Committee career (9):
  • 2020/06 - 2020/08 (一社)日本私立獣医科大学協会 参与
  • 2015/06 - 2020/06 (一社)日本私立獣医科大学協会 事務局長
  • 2016/03 - 2019/09 日本獣医解剖学会 副会長
  • 2000/04 - 2019/03 日本獣医解剖学会 理事
  • 2000/04 - 2018/03 日本電子顕微鏡学会 評議員
Show all
Awards (5):
  • 2009/12 - 日本顕微鏡学会北海道支部 奨励賞
  • 2008/12 - 日本顕微鏡学会北海道支部 奨励賞
  • 2006/09 - 北海道獣医師会 地区学会賞
  • 2004/09 - 北海道獣医師会 北海道獣医師会長賞
  • 2001/09 - 北海道獣医師会 北海道獣医師会長賞
Association Membership(s) (6):
ウマ科学会 ,  日本電子顕微鏡学会 ,  結合組織学会 ,  日本獣医師会 ,  日本解剖学会 ,  日本獣医学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page