Rchr
J-GLOBAL ID:200901086059835599   Update date: May. 26, 2020

Misonoo Naomi

ミソノオ ナオミ | Misonoo Naomi
Affiliation and department:
Research field  (2): Clinical psychology ,  Educational psychology
Research keywords  (18): Attachment ,  育児 ,  里子 ,  里親制度 ,  子どもの発達 ,  児童虐待 ,  被虐待児 ,  発達障害 ,  児童虐待 ,  愛着 ,  発達障害 ,  育児不安 ,  児童虐待 ,  社会的養護 ,  里親養育 ,  child abuse ,  adoption ,  foster care
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2008 - 2009 里子の持つ家族認識と支援モデルの検討
  • 2008 - 2009 里親家庭への訪問を中心としたピアサポート事業
  • 2004 - 2008 里親子関係の形成過程
  • 2008 - 里親家庭で育つ子どもたちのケアシステムの構築
  • 2006 - 2007 日本型里親養育モデルの構築と養育スキルの開発
Show all
Papers (11):
  • Child Abuse in Movies : Children's loss of families in films. 2018. 20. 1. 80-84
  • 御園生 直美. 家庭養護におけるアタッチメントの理解とその課題 (ガラスの家庭養護 : 「公」と「私」の狭間で/新ビジョンよ、何処へ行く). 社会的養護とファミリーホーム. 2018. 8. 18-21
  • 御園生 直美. アタッチメントから考える里親養育の支援とその課題 (フォスタリングチェンジ・プログラム). 子育て支援と心理臨床. 2017. 14. 65-69
  • MISONOO Naomi. Long-term prognosis for young children with attachment disorder. Japanese Journal of Psychiatric Treatment. 2016. 31. 7. 881-885
  • 御園生 直美. 発達障害におけるレジリエ ンスとトラウマ. 平成 23-25 年度 科学研究費報告書. 2014. 1. 4-18
more...
MISC (1):
  • The psychological process of the foster child who brought up in long-term foster care. Annual bulletin of Clinical Center for Developmental Disorders, Shirayuri College. 2009. 12. 57-65
Books (11):
  • ルーマニアの遺棄された子どもたちの発達への影響と回復への取り組み : 施設養育児への里親養育による早期介入研究(BEIP)からの警鐘
    福村出版 2018 ISBN:9784571420719
  • フォスタリングチェンジ : 子どもとの関係を改善し問題行動に対応する里親トレーニングプログラム : ファシリテーターマニュアル
    福村出版 2017 ISBN:9784571420627
  • 乳幼児虐待のアセスメントと支援
    岩崎学術出版社 2015
  • よくわかる家族心理学
    ミネルヴァ書房 2010
  • 子育て支援に活きる心理学実践のための基礎知識
    新曜社 2008
more...
Lectures and oral presentations  (3):
  • 心理的視点から見た里親支援
    (日本子ども虐待防止学会 第 23 回学術集会ちば大会(教育講演) 2017)
  • Exploring how the quality of caregiving impacts on an infant’s ability to cope with the distress of a challenging environment
    (Psychoanalysis, Culture and Society: A postgraduate conference 2014)
  • The concepts of child rearing among foster parents in Japan
    (International Society for the Study of Behavioural Development 2008)
Works (13):
  • 口頭発表/the concepts of child rearing among foster parents in Japan
    2008 -
  • 口頭発表/里親家庭で暮らす子どもの心理的発達(1)ー思春期における生みの親への葛藤を中心としてー
    2008 -
  • 口頭発表/愛着理論と心理臨床
    2008 -
  • 口頭発表/人生において出自を知ることの意味ー非血縁家族への発達支援を考えるー
    2008 -
  • 口頭発表/里親家庭で暮らす子どもの人物画の特徴
    2007 -
more...
Association Membership(s) (5):
日本発達心理学会 ,  日本エイズ学会 ,  日本心理臨床学会 ,  日本精神分析学会 ,  日本子どもの虐待防止学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page