Rchr
J-GLOBAL ID:200901086822480004   Update date: Oct. 25, 2021

Sakamoto Mariko

サカモト マリコ | Sakamoto Mariko
Affiliation and department:
Research field  (2): Gerontological and community health nursing ,  Gerontological and community health nursing
Research keywords  (2): 地域看護学,在留外国人支援,保健師の歴史,保健ボランティア ,  Community Nursing
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2022 保健師活動の展開推進及び統括保健師の役割遂行力開発
  • 2016 - 2020 多文化に対応する子どもと親のための健康教育ハンドブックの開発
  • 2016 - 2019 戦後日本の開発社会学~高度成長の社会的前提条件
  • 2013 - 2017 タイ農村の特別な保健ニーズをもつ児(CSHCN)の養育者のunmet needs
  • 2012 - 2017 在日外国人母子への情報提供を促進するコミュニティ・ブリッジ・ワーカーの試み
Show all
Papers (5):
  • 坂本 真理子, 水谷 聖子, 若杉 里実, 淺野 いずみ, 長谷川 真美. 保健師として就業した卒業生と協働する卒後支援 卒業生の集い. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2014. 73回. 552-552
  • 若杉 里実, 淺野 いずみ, 長谷川 真美, 坂本 真理子, 水谷 聖子. 保健師として就業した卒業生と協働する卒後支援 新任保健師学習会. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2014. 73回. 553-553
  • 水谷 聖子, 塚田 月美, 長谷川 真美, 淺野 いずみ, 若杉 里実, 坂本 真理子. 保健師として就業した卒業生と協働する卒後支援 産業保健分野の自主学習会. 日本公衆衛生学会総会抄録集. 2014. 73回. 553-553
  • Sakamoto Mariko. The Introduction. Kokusai Hoken Iryo. 2014. 29. 2. 113-113
  • 坂本 真理子, 水谷 聖子, 小塩 泰代. 保健師の活動事例から導く地域国際保健活動における困難さの内容. 国際保健医療. 2004. 19. 1. 11-18
MISC (5):
Lectures and oral presentations  (3):
  • Development of a Multicultural Health Education Handbook for Foreign Famillies and Healthcare Professionals in Japan
    (23th East Asian Forum of Nursing Scholars 2020)
  • 看護学生と共に創る食生活改善プログラムの効果
    (第78回日本公衆衛生学会総会 2019)
  • 保健師が捉える男性健康推進員の活動の特徴と支援の実態
    (第7回日本公衆衛生看護学会学術集会 2019)
Works (4):
  • 保健師って何だろう 先輩のリレートークから学ぶもの
    坂本 真理子 2019 -
  • 日本で暮らす外国人親子が必要とする情報の提供を促進する試み(JSPS科研費助成事業報告書)
    坂本 真理子 2017 -
  • 地区保健活動の評価 報告書「地域活動の評価を考える-フォーカス・グループ法を取り入れて-」作成
    2002 - 2003
  • 事例集「訪問介護場面で遭遇する悩み」作成
    2000 - 2002
Education (6):
  • - 2011 University of Hyogo of Nursing Art and Science
  • - 2001 マヒドン大学 プライマリヘルスケア・マネージメント
  • - 1996 Nihon Fukushi University
  • - 1993 Tamagawa University Department of Education
  • - 1982 愛知県立総合看護専門学校 保健科
Show all
Professional career (3):
  • MSW (Nihon Fushi University)
  • MPHM (Mahidol University)
  • PHD (Hyogo prefectual University)
Work history (6):
  • 2011/04 - 現在 Aichi Medical University College of Nursing
  • 2007/04 - 2011/03 Aichi Medical University College of Nursing
  • 2004/04 - 2007/03 Aichi Medical University College of Nursing
  • 2000/06 - 2004/03 - 愛知医科大学看護学部講師
  • 1996/04 - 1999/03 Aichi Prefectural College of Nursing & Health
Show all
Awards (2):
  • 2019/06 - 公益社団法人日本看護協会 日本看護協会会長表彰
  • 2016/05 - 公益社団法人愛知県看護協会 愛知県看護協会会長表彰
Association Membership(s) (6):
日本公衆衛生学会 ,  日本地域看護学会 ,  日本国際保健医療学会 ,  日本社会医学会 ,  Tokai Public Health Association ,  日本公衆衛生看護学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page