Rchr
J-GLOBAL ID:200901086920954790   Update date: Dec. 14, 2009

Isobe Takuzo

イソベ タクゾウ | Isobe Takuzo
Affiliation and department:
Research field  (1): Sociology
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 多元的無知の構造
  • 対人関係の病理
  • 道徳のコミュニケーション
  • Structure of Pluralistic Ignorance
  • Pathology of Interpersonal Relationship
Show all
MISC (12):
  • 評価と自己-傷つきやすい自己をめぐって. 大梶俊夫・船津衛・杉山由紀男・山崎純一編著『現代の社会学21世紀へ』北樹出版. 2004. 133-144頁
  • 自己の社会性と個人性-C.H.クーリー自己論の再検討-. 現代社会学(広島国際学院大学現代社会学部). 2001. 2. 3-17
  • 『道徳意識と規範の逆説』. アカデミア出版会. 1998
  • 「道徳的業績主義の基本形態」. 『人文研究』49-11 大阪市立大学文学部. 1997. 13-30
  • 「フィクションとしての社会制度」. 『フィクションとしての社会』世界思想社. 1996. 3-22
more...
Education (4):
  • - 1967 Kyoto University
  • - 1967 Kyoto University
  • - 1962 Meiji Gakuin University
  • - 1962 Meiji Gakuin University
Professional career (1):
  • (BLANK)
Committee career (2):
  • 1996 - 1997 関西社会学会 研究活動委員
  • 1974 - 1975 日本社会学会 編集委員
Association Membership(s) (3):
アメリカ社会学会(American Sociological Association) ,  関西社会学会 ,  日本社会学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page