Rchr
J-GLOBAL ID:200901087337321417   Update date: Aug. 06, 2019

Tanaka Akihiko

タナカ アキヒコ | Tanaka Akihiko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (3): Social welfare ,  Social law ,  Sociology
Research keywords  (12): 社会保険 ,  社会保障 ,  社会保障法 ,  所得保障 ,  皆年金 ,  生活保護 ,  Public assistance ,  Pension ,  National minimun ,  公的扶助 ,  年金 ,  最低生活保障
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2016 - 2019 障がい者の生活領域拡大に対応する新法体系確立にむけた実証的研究
  • 2015 - 2018 失業・半失業の常態化と労働者の生活保障
  • 2001 - 2004 介護・福祉労働者の雇用・労働条件の実態とその総合的・学際的研究
  • 1988 - Study on National minimum
  • Study on the Care Insurance
Papers (31):
  • 田中 明彦. 国民皆年金下の障害基礎年金の『保険料納付要件』の解釈のあり方 -障害基礎年金支給決定取消訴訟事件に係る意見書. 賃金と社会保障. 2015. 1641. 18-66
  • 田中 明彦. 公的年金の原則と課題(2)-皆年金の実現をめざして. 龍谷大学社会学部紀要. 2015. 46. 53-71
  • 田中 明彦. 失業・半失業の常態化と生活保護法の課題-稼働能力活用要件に関する検討を中心に. 社会保障法. 2014. 29. 123-137
  • 田中 明彦. 失業・半失業の常態化と生活保護-稼得能力活用要件に関する検討を中心に. 法斗政策研究(韓国法政策学会). 2013. 13巻. 4号. 1495-1527
  • 公的年金の理念および原則と課題-皆年金の実現をめざして. 医療・福祉研究. 2013. 22号. 50-69
more...
MISC (27):
  • 田中 明彦. 失業・半失業の常態化と生活保護-稼得能力活用要件に関する検討を中心に. 法斗政策研究(韓国法政策学会). 2013. 13巻. 4号. 1495-1527
  • 公的年金の理念および原則と課題?皆年金の実現をめざして. 医療・福祉研究. 2013. 22号. 50-69
  • 金併給調整訴訟(平成23年(行コ)第5号)に係る意見書2. 賃金と社会保障. 2012. 1575号. 21-30
  • 公的年金と課題(1)?皆年金の実現をめざして. 社会学部紀要. 2012. 41号. 29-41
  • 児童扶養手当法における併給調整の問題点と課題-金併給調整訴訟(平成23年(行コ)第5号)に係る意見書. 賃金と社会保障. 2012. 1560. 26-54
more...
Books (11):
  • 医療・福祉と人権 地域からの発信
    旬報社 2018
  • 新・初めての社会保障論(第2版)
    法律文化社 2018
  • 社会保障レボリューション-いのちの砦・社会保障裁判
    高菅出版 2017
  • 常態化する失業と労働・社会保障 -危機下における法規制の課題
    日本評論社 2014
  • 新・初めての社会保障論
    法律文社 2014 ISBN:9784589035615
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 失業・半失業の常態化と生活保護-稼働能力活用要件に関する検討を中心に
    (韓国法政策学会第36回学術大会 2013)
  • 失業・半失業の常態化と生活保護法の課題-稼働能力活用要件に関する検討を中心に
    (日本社会保障法学会第64回大会シンポジウム報告 2013)
  • 受給者・被保険者からみた介護保険法の問題点と課題
    (日本社会保障法学会第39回大会シンポジウム報告 2001)
  • 年金における最低生活保障と併給調整
    (日本社会保障法学会第35回大会個別報告 1999)
Works (1):
  • Interdisciplinary Research of Employment and Working conditions of care workers and welfair workers
    2001 - 2004
Education (5):
  • 1994 - 1998 Kanazawa University
  • - 1998 Kanazawa University
  • 1990 - 1994 Kanazawa University
  • 1985 - 1989 Kanazawa University
  • - 1989 Kanazawa University
Professional career (1):
  • Master of Laws (Kanazawa University)
Work history (11):
  • 2007 - 2012 Ryukoku University Faculty of Sociology
  • 2012 - - 龍谷大学社会学部 教授
  • 2002 - 2007 Ryukoku University Faculty of Sociology
  • 2001 - 2002 Associate Professor, Junior College Divison,
  • 2001 - 2002 The University of Aizu Junior College Division
Show all
Committee career (7):
  • 2003 - 2005 滋賀県草津市介護保険認定審査会委員
  • 2003 - 2004 滋賀県大津市地域福祉活動庁内検討会座長
  • 1998/10 - 2002/10 日本社会保障法学会 企画委員会
  • 1999 - 2002 福島県喜多方市情報公開審査会委員
  • 1999 - 2002 福島県会津本郷町情報公開審査会委員
Show all
Association Membership(s) (8):
Japan Association of Social Security Law ,  公的扶助研究会 ,  民主主義科学者協会・法律部会 ,  日本社会福祉学会 ,  JAPAN LABOR LAW ASSOCIATION ,  日本社会保障法学会 ,  過労死防止学会 ,  JAPAN ASSOCIATION FOR SOCIAL POLICY STUDIES
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page