Rchr
J-GLOBAL ID:200901087932394355   Update date: May. 24, 2022

Okabe Masato

オカベ マサト | Okabe Masato
Affiliation and department:
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (1): 刑法
Papers (9):
  • 岡部雅人. 東京電力旧経営陣第一審判決について--新過失論の立場から--. 刑事法ジャーナル. 2020. 64. 11-20
  • 岡部 雅人. 段階的過失における過失犯の実行行為に関する覚書--いわゆる「一連の行為」論と「過失の競合」とをてがかりとして--. 愛媛法学会雑誌. 2019. 45. 1=2. 101-124
  • 岡部 雅人. 自動運転車による事故と刑事責任--日本の刑法学の視点から--. 愛媛法学会雑誌. 2017. 43. 3=4. 1-20
  • 岡部 雅人. 信頼の原則の体系的地位. 愛媛法学会雑誌. 2016. 42. 3=4. 113-129
  • OKABE, Masato. Identification of Subjects and Recognition of Negligent Acts in Cases of Concurrent Criminal Negligence. 2016. 55. 2. 189-205
more...
MISC (34):
  • 岡部雅人. 日本における妊娠中絶に関する刑事規制の現状と課題-ドイツ刑法219条aの比較法的理解のための前提として-. 国士舘法学. 2020. 53. 199-211
  • 岡部雅人. てんかん発作による死傷事故における危険運転致死傷罪の故意(東京高判平成30年2月22日判時2391号56頁). 比較法制研究. 2019. 42. 67-84
  • 岡部雅人. 水難事故における引率者の注意義務ー伊万里市児童溺死事件控訴審判決ー(福岡高判平成30・7・18裁判所ウェブサイト). 国士舘法学. 2019. 52. 277-295
  • 岡部 雅人. 福知山線列車脱線転覆事故最高裁決定 (最決平成29・6・12刑集71巻5号315頁). 愛媛大学法文学部論集 社会科学編. 2018. 44. 1-10
  • 岡部 雅人. てんかん発作による交通事故と刑事責任. 愛媛大学法文学部論集 社会科学編. 2017. 43. 47-65
more...
Books (29):
  • 高橋則夫先生古稀祝賀論文集[上巻]
    成文堂 2022 ISBN:9784792353520
  • 寺崎嘉博先生古稀祝賀論文集[下巻]
    成文堂 2021 ISBN:9784792353438
  • 刑法の時間
    有斐閣 2021 ISBN:9784641139459
  • <授業中>刑法演習 - われら考える、故にわれらあり
    信山社 2021 ISBN:9784797228021
  • 刑事法判例読解の視点
    晃洋書房 2021 ISBN:9784771034808
more...
Lectures and oral presentations  (9):
  • コンプライアンス態勢を構築する意義ー企業不祥事の抑止に向けてー
    (平成28年度 生コンセミナー in 松山 2016)
  • 自動運転車による事故と刑事責任--日本の刑法学の視点から--
    (中日刑法解釈比較研究 2016)
  • 自動運転車による事故と刑事責任--日本の刑法学の視点から--
    (韓・日国際学術大会 自動運転車の実用化による法的諸問題 2016)
  • 過失競合事例における主体の特定と過失行為の認定
    (日本刑法学会第93回大会 2015)
  • 刑事製造物責任における回収義務の発生根拠ーわが国の議論状況をめぐってー
    (日本刑法学会第91回大会 ワークショップ2 刑事製造物責任 2013)
more...
Professional career (1):
  • 修士(法学) (早稲田大学)
Work history (18):
  • 2022/04 - 現在 Kokushikan University Faculty of Law Department of Modern Business Law
  • 2022/04 - 現在 駒澤大学 法学部 非常勤講師
  • 2019/04 - 現在 Kokushikan University Faculty of Law, Department of Modern Business Law
  • 2016/04 - 2019/03 Ehime University The department of humanities, Faculty of Law and Letters
  • 2018/02 - 2018/09 Max-Planck-Institut für ausländisches und internationales Strafrecht Gastwissenschaftler
Show all
Association Membership(s) (6):
JAPAN ASSOCIATION OF TRAFFIC LAW ,  中・四国法政学会 ,  法と教育学会 ,  日本医事法学会 ,  日本犯罪社会学会 ,  日本刑法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page