Rchr
J-GLOBAL ID:200901088811854177   Update date: May. 08, 2020

Yoshida Tateo

ヨシダ タテオ | Yoshida Tateo
Affiliation and department:
Research field  (3): Economic statistics ,  Economic statistics ,  Theoretical economics
Research keywords  (8): Economic statistics ,  Welfare economics ,  ジニ係数 ,  ローレンツ曲線 ,  貧困 ,  不平等 ,  Income distribution ,  所得格差
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2014 - 2018 グローバル化された世界における大域的所得分布の不平等・貧困度計測
  • 2011 - 2014 世界的所得分配の不平等・貧困度・相対的剥奪に関する計量分析
  • 2005 - 2009 世界的規模で見た所得分布の不平等および貧困度の変遷とアジアの位置に関する統計分析
  • 2003 - 2007 経済発展戦略からみた所得分布と担税能力との関連の統計的国際比較研究
  • 2002 - 2005 世界的規模での所得分布変動変動の国際比較に関する経済統計分析
Show all
Papers (24):
more...
Books (3):
  • 森嶋通夫著作集(5)需要理論 実物と金融
    岩波書店 2004
  • アジアにおける所得分配と貧困率の分析(溝口敏行・松田芳郎編著)
    多賀出版 1997 ISBN:4811543912
  • 日本型市場システムの解明(小泉進・本間正明編)
    有斐閣 1993 ISBN:4641066507
Lectures and oral presentations  (5):
  • 世界的所得分配の不平等
    (2018年度統計関連学会連合大会 2018)
  • 世界的規模で見た所得分配の不平等度
    (統計数理研究所共同研究29「アジア諸国世帯統計ミクロデータの二次利用推進に関する研究」 2018)
  • グローバル化された世界における大域的所得分布の不平等・貧困度計測
    (2015年度統計関連学会連合大会 2015)
  • 所得不平等とローレンツ曲線規準:非線形中間的不平等概念の一般化
    (2012年度統計関連学会連合大会 2012)
  • 世界的所得分配の計測
    (2010年度統計関連学会連合大会 2011)
Education (3):
  • 1974 - 1977 Osaka University
  • 1972 - 1974 Osaka University
  • 1968 - 1972 Osaka University
Professional career (1):
  • 経済学修士 (大阪大学)
Work history (9):
  • 2018/04 - 現在 Okayama University
  • 2013/04 - 現在 Okayama University
  • 2013/04 - 2018/03 Okayama University
  • 1993/10 - 2013/03 Okayama University
  • 1989/04 - 1993/09 Nagasaki University
Show all
Committee career (1):
  • 2005/04 - 2006/03 大学基準協会 相互評価委員会委員
Association Membership(s) (3):
JAPAN ASSOCIATION OF APPLIED ECONOMICS ,  日本統計学会 ,  日本経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page