Rchr
J-GLOBAL ID:200901089193813266   Update date: Aug. 25, 2021

Katsufuji Kazuko

カツフジ カズコ | Katsufuji Kazuko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Foreign language education
Research keywords  (4): L2 Reading ,  second language acquisition ,  syntactic acquisition ,  self-regulated learning
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2023 自己調整理論とS2Rモデルを援用した読解方略指導教材の開発と評価
  • 2016 - 2018 英語のリーディングに関する学習ストラテジー指導教材の開発と評価
  • 2008 - 2010 英語動詞の第二言語習得に関する研究と教科書教材への応用
  • Syntactic Acquisition of Japanese Learners of English
Papers (15):
  • 勝藤 和子. 高専生による言語学習ストラテジーの使用について. 四国英語教育学会『紀要』. 2018. 38. 17-28
  • 勝藤 和子. 速読訓練と学習ストラテジー. 四国英語教育学会『紀要』. 2016. 36. 39-53
  • 林田 栄治, 勝藤 和子, 谷中 俊裕, 藤井 浩美, 城本 春佳. 「KOSEN International College 国際コミュニケ-ション力育成プログラム」における英語指導改善モデル構築の試み. 高専教育第38号pp.252-257. 2015. 38. 252-257
  • Kazuko Katsufuji. A Study of Verb Frequencies in Textbooks. 四国英語教育学会『紀要』. 2008. 28. 1-12
  • 勝藤 和子. 読みの速さと正確さの発達とその関係について. 四国英語教育学会『紀要』. 2006. 26. 31-40
more...
MISC (5):
  • 勝藤 和子. 国際交流活動が学生に与える影響について. 平成22・23年度国立高等専門学校機構改革推進経費採択事業「海外提携校との協働による交換留学生・私費留学生受入を倍増させる高専ゲートウェイの構築」成果報告書 pp.13〜16. 2012
  • 勝藤 和子. 英語動詞の第二言語習得に関する研究と教科書教材への応用. 2008〜2010年度科学研究費基盤研究(C)研究成果報告データベース pp.1〜6http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/20520556. 2011
  • 勝藤 和子. パソコン通信を利用した帰国研修員のための支援活動についての基礎的研究. 電気通信普及財団研究調査報告書. 1990. No. 4, 368-375
  • Seiji Utsumi, Yoshinori Yamashiro, Kazuko Shimabukuro. Handbook for Slide and Video Production. JICA国際協力事業団. 1989. pp.49-90
  • 勝藤 和子. 沖縄国際センターにおける視聴覚技術コースの実施と今後の課題. 日本音響学会誌. 1989. 45. 12. 979-982
Lectures and oral presentations  (7):
  • S2Rモデルに基づいた学習ストラテジー質問票の試作
    (第44回全国英語教育学会京都研究大会発表予稿集 pp.338-339 2018)
  • 精読・速読指導と読解ストラテジーの発達について
    (第43回全国英語教育学会島根研究大会発表予稿集 pp.354-355 2017)
  • 熟達度別学習ストラテジーの使用について--高専1年生のデータから
    (第42回全国英語教育学会埼玉研究大会発表予稿集 pp.130-131 2016)
  • 伸びる学生はどのような学習ストラテジーを用いるのか--ストラテジーに関する自由記述式アンケートから--
    (第41回全国英語教育学会熊本研究大会発表予稿集 pp.78-79 2015)
  • 速読指導が英語教科への意識や読解ストラテジーに及ぼす影響の可能性について
    (第40回全国英語教育学会徳島研究大会発表予稿集 pp.100-101 2014)
more...
Education (4):
  • 1996 - 1998 University of Hawaii
  • 1986 - 1988 Naruto University of Education
  • 1978 - 1983 University of the Ryukyus
  • 1982 - Canberra College of Advanced Education (文部省派遣)
Professional career (2):
  • M.A. in ESL
  • 修士(教育学)
Work history (3):
  • 2010/04 - 現在 Anan National College of Technology
  • 2005/04 - 2010/03 Anan National College of Technology General Arts
  • 2003/04 - 2005/03 The University of Tokushima Faculty of Integrated Arts and Sciences
Association Membership(s) (2):
全国英語教育学会 ,  四国英語教育学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page