Rchr
J-GLOBAL ID:200901091141482819   Update date: May. 19, 2021

Ogura Soichiro

オグラ ソウイチロウ | Ogura Soichiro
Affiliation and department:
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (10): 病気 ,  健康 ,  障害 ,  人格 ,  生殖医療 ,  遺伝 ,  哲学 ,  家族 ,  医療倫理 ,  生命倫理
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • G.W.F.ヘーゲルの家族論
  • ドイツにおける生命倫理
Papers (9):
  • 小椋 宗一郎. ボースとカンギレムにおける「正常」概念について : ノーマライゼーション原理の思想史的研究のために. 哲学と現代. 2021. 36. 41-58
  • OGURA Soichiro. The debate on preimplantation genetic diagnosis in Germany::Recent affairs and the opinion of German Ethics Council in 2011 . Bioethics. 2016. 26. 1. 63-71
  • 小椋 宗一郎. Surrogate motherhood and infertility counseling in Germany. 死生学研究. 2011. 15. 311-289
  • 小椋 宗一郎. 代理出産と不妊相談--ドイツにおける法と社会実践. 死生学研究. 2011. 15. 289-311
  • Ogura Soichiro. The abortion debate in Germany: from the ethics of right and technology to the ethics of body and dialogue. Hitotsubashi bulletin of social sciences. 2009. 6. 125-152
more...
MISC (12):
  • 書評「ルポ「命の選別」」. 公明新聞. 2021
  • 小椋宗一郎. 書評「ディーター・ビルンバッハー『生命倫理学』」. 図書新聞. 2018. 3378
  • Implications of "Pregnancy Conflict" in German Bioethics. 2016. 32. 9-31
  • Ogura Soichiro. The Conceptual Differences in "Person" in English and German From a Historical Understanding of "Persona" to Contemporary Bioethics. Journal of Culture and Philosophy. 2013. 30. 87-104
  • シュタイネック ラジ・クリスティアン, 小椋 宗一郎, 松田 純. 〔ドイツ人から見た〕日本における「インフォームド・コンセント」 : 文化比較を超えて. 死生学・応用倫理研究 = Journal of death and life studies and practical ethics. 2013. 18. 113-76
more...
Books (11):
  • 生命をめぐる葛藤 : ドイツ生命倫理における妊娠中絶、生殖医療と出生前診断
    生活書院 2020 ISBN:9784865001198
  • 出生前診断とわたしたち : 「新型出生前診断」(NIPT)が問いかけるもの
    生活書院 2014 ISBN:9784865000269
  • 遺伝子と医療
    丸善出版 2013 ISBN:9784621084885
  • 科学技術研究の倫理入門
    知泉書館 2013 ISBN:9784862851529
  • 玉井真理子/松田 純(編)『遺伝子と医療(シリーズ生命倫理学 第11巻)』
    2012
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 人間の尊厳と妊娠葛藤相談をめぐるドイツの考え方について--日本の生殖補助医療法を視野に入れて
    (ゲノム問題研究会議 2021)
  • 全ての〈人間〉は〈人格〉か?--「パーソン論」に対するドイツからの応答
    (日本倫理学会第58回大会(新潟大学) 2007)
  • 「妊娠葛藤」とは何か:妊娠中絶に関するドイツの法制度の成立
    (社会思想史学会第31回大会(法政大学) 2006)
  • ドイツにおける「妊娠葛藤相談」について
    (日本生命倫理学会第18回大会(岡山大学) 2006)
  • ヘーゲルにおける家族の形成:「主観的精神」との関連で
    (第21回一橋大学哲学・社会思想研究会(一橋大学) 2002)
more...
Education (2):
  • - 2008 Hitotsubashi University
  • - 2001 Shizuoka University
Professional career (2):
  • 修士(文学) (静岡大学)
  • 博士(社会学) (一橋大学)
Committee career (2):
  • 2021/02 - 日本生命倫理学会 編集委員
  • 2018/10 - 唯物論研究協会 委員
Awards (1):
  • 2007 - 日本生命倫理学会若手論文奨励賞
Association Membership(s) (4):
唯物論研究会 ,  日本ヘーゲル学会 ,  日本生命倫理学会 ,  日本倫理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page