Rchr
J-GLOBAL ID:200901092807977466   Update date: Sep. 01, 2020

Igarashi Akira

イガラシ アキラ | Igarashi Akira
Homepage URL  (1): http://www.ns.kogakuin.ac.jp/~wwb1019/
MISC (181):
Books (21):
  • 触媒学会編,触媒便覧
    講談社 2008
  • 化学工学会編、化学工学の進歩40:進歩する反応工学
    槙書店 2006
  • 化学工学会編, 改訂4版 化学工学辞典
    丸善 2005
  • マイクロリアクタテクノロジー
    エヌ・ティー・エヌ 2005
  • 日本表面科学会編,新訂版・表面科学基礎と応用
    エヌ・ティー・エス 2004
more...
Lectures and oral presentations  (19):
  • 水素製造のための金属触媒の調製と反応システムの開発(特別講演)
    (触媒学会第104回触媒討論会(宮崎) 2009)
  • 水蒸気改質による水素製造のための触媒材料(招待講演)
    (日本化学会第88回春季年会(東京) 2008)
  • 携帯電子機器のための水素製造と燃料電池システムの開発(記念講演)
    (平成20年度北関東地区化学技術懇話会(宇都宮) 2008)
  • ナノレベルでの触媒設計とマイクロレベルでの反応器設計の融合-マイクロリアクターを用いたメタノール改質による水素製造技術-(依頼講演)
    (石油学会九州・沖縄支部第16回講演会(北九州) 2008)
  • Hydrogen Production from Methanol Using Structured Catalysts(Invited Lecture)
    (The 2nd GCOE International Symposium, Hokkaido University Global COE Program, “ Catalysis as the Basis for the Innovation in Materials Science ”(Sapporo, Japan) 2008)
more...
Works (11):
  • 非白金系水性ガス反応触媒に関する研究
    2004 - 2005
  • 燃料電池および水素製造用の白金族代替触媒の開発
    2004 - 2005
  • CO変成反応用非白金系触媒に関する研究
    2003 - 2004
  • 燃料電池および水素製造用の白金族代替触媒の開発
    2003 - 2004
  • CO変性反応用プレート型触媒の研究
    2002 - 2003
more...
Professional career (3):
  • 工学士 (東北大学)
  • 工学修士 (東北大学)
  • 工学博士 (東北大学)
Work history (19):
  • 2008 - 2010 :東京工業大学大学院理工学研究科非常勤講師
  • 2008 - 2009 :岐阜大学大学院工学研究科非常勤講師
  • 2006 - 2007 :東京大学大学院工学系研究科非常勤講師
  • 2004 - 2005 :東北大学多元物質科学研究所客員教授
  • 2002 - 2004 :千葉大学大学院自然科学研究科非常勤講師
Show all
Committee career (29):
  • 2008/05 - 石油学会 表彰委員会委員長
  • 2007/05 - 2008/04 石油学会 表彰選考委員会委員長
  • 2007/04 - 2008/03 触媒学会 監事
  • 2004/05 - 2006/04 石油学会 Journal of the Japan Pteroleum Insitute"編集委員長
  • 2002/05 - 2004/04 石油学会 表彰推薦委員会委員長
Show all
Awards (4):
  • 2009 - 触媒学会学会賞(平成20年度)「水素製造のための金属触媒の調製と反応システムの開発」
  • 2006 - 化学工学会研究賞(平成17年度)「大きな反応熱をもつ反応のためのプレート型触媒反応システムに関する研究」
  • 2006 - 石油学会学会賞(平成17年度)「担持金属触媒の調製およびプレート型触媒反応器に関する研究」
  • 1976 - 石油学会論文賞(昭和50年度)「アルキルベンゼン-水蒸気反応用触媒の研究」
Association Membership(s) (5):
化学工学協会 ,  日本化学会 ,  化学工学会 ,  触媒学会 ,  石油学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page