Rchr
J-GLOBAL ID:200901093295809309   Update date: Oct. 12, 2020

Yoon Haeyoung

ユン ヘヨン | Yoon Haeyoung
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Local studies ,  Sociology
Research keywords  (10): Irish border ,  Irish in Britain ,  Irishness ,  Britishness ,  unionism ,  Northern Ireland ,  Britain ,  Ireland ,  Ethnic Studies ,  Migration Studies
Research theme for competitive and other funds  (4):
  • 2020 - 2024 Sharing the society under globalization :Rethinking British-Irish relations
  • 2018 - 2021 Thatcherism in the Making : the People's Archive and Reassesing 1970s Britain
  • 2015 - 2018 Japanese perspectives of Ireland in the construction of Japanese colonialism, and the view from Ireland and Korea, ca.1870-1950
  • 2002 - 2005 北アイルランドのユニオニズムにおけるナショナル・アイデンティティ
Papers (10):
  • Haeyoung YOON. Encountering Irish in Britain. 2020. 7. 34-45
  • 尹 慧瑛. ブレグジットと南北アイルランド国境問題-英愛関係の試練. 歴史学研究. 2019. 990. 74-80
  • 尹 慧瑛. 現代アイルランドにおける移民と『アイリッシュネス』-2004年シティズンシップ取得にかかわる憲法改正をめぐって. エール. 2018. 37. 49-60
  • 尹 慧瑛. アイデンティティとしての宗教-「分断社会」北アイルランドを通して. 総合文化研究. 2010. 13. 135-149
  • 尹 慧瑛. 「辺境の地」から「和平のモデル」へ?-北アイルランドのピース・プロセスとEU. MERC. 2008. 3. 26-35
more...
MISC (3):
  • 尹 慧瑛. 書評 佐久間孝正『在日コリアンと在英アイリッシュ』(東京大学出版会、2011). エール. 2013. 32. 174-176
  • 尹 慧瑛. 書評 塩原良和『変革する多文化主義へ』(法政大学出版局、2010). 移民政策研究. 2011. 3. 150-151
  • 尹 慧瑛. 暴力と和解のあいだ-あるコミュニティ活動家のライフ・ヒストリーを通して. 一橋大学COEディスカッション・ペーパー・シリーズ. 2008. 35. 1-12
Books (6):
  • 多文化社会読本-多様なる世界、多様なる日本
    東京外国語大学出版会 2016
  • アイルランドの経験-植民・ナショナリズム・国際統合
    法政大学出版局 2009
  • 〈移動〉の風景-英米文学・文化のエスキス
    世界思想社 2007
  • 暴力と和解のあいだ-北アイルランド紛争を生きる人びと
    法政大学出版局 2007
  • 暴力の地平を超えて-歴史学からの挑戦
    青木書店 2004
more...
Lectures and oral presentations  (17):
  • Place, Identity and Reconciliation
    (School of Geography Research Seminar, Queen Mary University of London 2019)
  • Irish borderが意味するもの-政治、暴力、日常
    (2017年度アイルランド研究年次大会 2017)
  • 『〈戦後〉の誕生』をめぐって(セッションA:戦後史再考)
    (第42回社会思想史学会大会 2017)
  • Comment on the paper by Professor Bronwen Walter
    (Internatioanl Symposium ’Irish in Britain, Koreans in Japan: A Comparative Perspective’ 2017)
  • 現代アイルランドにおける移民と「アイリッシュネス」
    (2015年度アイルランド研究年次大会 2015)
more...
Education (4):
  • 1999 - 2002 Hitotsubashi University
  • 1997 - 1999 Hitotsubashi University
  • 1996 - 1997 Tokyo University of Foreign Studies
  • 1992 - 1996 Tokyo University of Foreign Studies
Professional career (2):
  • MA (Hitotsubashi University)
  • PhD (Hitotsubashi University)
Work history (6):
  • 2013/04 - 現在 Doshisha University Faculty of Global and Regional Studies
  • 2019/03 - 2020/03 Queen Mary University of London Faculty of Geography Visiting Reseach Fellow
  • 2011/04 - 2013/03 Hitotsubashi University
  • 2008/10 - 2011/03 Tokyo University of Foreign Studies
  • 2006/01 - 2008/09 Hitotsubashi University
Show all
Association Membership(s) (1):
日本アイルランド協会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page