Rchr
J-GLOBAL ID:200901093548453557   Update date: Nov. 19, 2020

Yasui Kengo

ヤスイ ケンゴ | Yasui Kengo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Public economics, labor economics ,  Economic policy
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2020 - 2024 認知能力・非認知能力の形成とそれらの労働市場における評価に関する実証分析
  • 2017 - 2022 業務とスキルが個人間賃金格差に及ぼす影響に関する実証分析
  • 2014 - 2019 経済的価値観・利他性の形成と性格特性の労働市場での評価に関する行動経済学的分析
  • 2015 - 2018 制度設計が社会規範に与える影響の経済学的分析
  • 2014 - 2018 教育と震災が賃金分布に与える影響に関するミクロ計量分析
Show all
Papers (35):
  • 「認知能力及び非認知能力が賃金に与える影響について」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著). RIETI Discussion Paper, 20-J-024. 2020
  • 学校や職場での教育訓練、スキルの実態に関する研究-RIETI 「全世代的な教育・訓練と認知・非認知能力に関するインターネット調査」から(鶴光太郎氏、久米功一氏、佐野晋平氏との共著). RIETI Policy Discussion Paper, 19-P-035. 2019
  • 「雇用形態間の賃金格差」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著). 鶴光太郎編著『雇用システムの再構築に向けて 日本の働き方をいかに変えるか』、pp.211-228、日本評論社. 2019
  • 「転勤・異動・定年後雇用の実態」(鶴光太郎氏、久米功一氏、佐野晋平氏との共著). 鶴光太郎編著『雇用システムの再構築に向けて 日本の働き方をいかに変えるか』、pp.121-152、日本評論社. 2019
  • 「正社員と有期雇用労働者の賃金格差」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著). 『日本経済研究』. 2019. 77. 45-60
more...
MISC (15):
  • ミクロ実証論文執筆の落とし穴とアドバイス. 経済セミナー. 2020. 2020年8・9月号. 29-34
  • 所得格差と賃金格差. 『日本労働研究雑誌』、No. 657、pp. 18-19、労働政策研究・研修機構. 2015. 657. 18-19
  • 人種間格差と男女間格差(ニューヨークから--3). 『日本労働研究雑誌』、No. 647、pp. 92-93、労働政策研究・研修機構. 2014. 647. 92-93
  • Stats and the City(ニューヨークから--2). 『日本労働研究雑誌』、No. 646、pp.98-99、労働政策研究・研修機構. 2014. 646. 98-99
  • なぜチップを渡すのか?(ニューヨークから--1). 『日本労働研究雑誌』、No. 645、pp.72-73、労働政策研究・研修機構. 2014. pp.72-73
more...
Lectures and oral presentations  (27):
  • 大学と大学院の専攻の賃金プレミアム
    (平成29・30年度国際共同研究「潜在成長力の強化と経済の活性化に向けた課題」WG1(潜在成長力の強化:人材・人的資本とイノベーション)最終報告会 2018)
  • 大学院教育が賃金にもたらす効果
    (平成29・30年度国際共同研究「潜在成長力の強化と経済の活性化に向けた課題」WG1(潜在成長力の強化:人材・人的資本とイノベーション)中間報告会 2017)
  • 「無限定正社員に対する限定正社員と有期雇用労働者の賃金差の分析」(佐野晋平氏、久米功一氏、鶴光太郎氏との共著)
    (RIETI「労働市場制度改革」研究会 2016)
  • 「教育のリターンの異質性と無限定正社員と限定正社員の賃金差について」(佐野晋平氏との共著)
    (RIETI「労働市場制度改革」研究会 2015)
  • “The Long-term Impact of the 1995 Hanshin-Awaji Earthquake on Wage Distribution” (Joint with Fumio Ohtake, Naoko Okuyama and Masaru Sasaki).
    (立命館大学経済学会セミナー・重点研究プログラムセミナー(立命館大学) 2015)
more...
Education (3):
  • 2003 - 2006 Osaka University
  • 2001 - 2003 Osaka University
  • 1995 - 1999 Keio University
Professional career (3):
  • 学士(経済学) (慶應義塾大学)
  • 修士(経済学) (大阪大学)
  • 博士(経済学) (大阪大学)
Work history (10):
  • 2020/04/01 - 現在 College of Economics College of Economics Department of Economics Professor
  • 2016/04/01 - 2020/03/31 College of Economics College of Economics Department of Economics Associate Professor
  • 2009/04 - 2016/03 Associate Professor
  • 2013/09 - 2014/09 Researcher
  • 2007/07 - 2009/03 Lecturer
Show all
Committee career (13):
  • 2016/12 - 現在 厚生労働省「労働経済分析研究会 」 委員
  • 2020/10 - 2026/09 日本学術会議 連携会員
  • 2020/09 - 2022/07 経済産業研究所「AI時代の雇用・教育改革」 メンバー
  • 2020/09 - 2021/03 政策研究院「人口減少・高齢化社会における政策課題に関する研究会」 委員
  • 2014/11 - 2020/03 経済産業研究所「労働市場制度改革研究会」 委員
Show all
Association Membership(s) (1):
日本経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page